ドイツ×アルゼンチン


 ドイツ×アルゼンチン。
終わってみれば、4-0でドイツが大勝。3点目で勝負はついたのに、それでも攻撃の手を緩めずダメ押しの4点目を叩きこむドイツ。相変わらず彼らの辞書に「手加減」という文字はないですね。マラドーナが可哀そうじゃないか。

 それでも十分に見ごたえのある試合でした。
特に開始早々のFKで失点されてから、アルゼンチンが見せた「個」を生かした攻撃には十分な迫力があった。それをドイツが組織的な守備で応戦。なによりもドイツは、個々の局面での球際の強さ、粘り強さがすばらしい。苦しいとき、ピンチのときに最後のあと一歩の足が出て、決定機を作らせない。こういうのは、まさに気持ちの部分なんだろうな。イングランド戦のときとは違う種類の「強さ」を感じました。

 
 ドイツの4得点は、ことごとくアルゼンチンの右サイドからの崩しでしたね。
それもサイドを深くえぐって中央に折り返す・・というパターンが目立ちました。アルゼンチンの守備陣は、このときの対応がルーズになってしまうスカウティングでもあったのでしょうな。

 メッシは、3点目が決まってから気持ちが切れてしまったか。
インフルエンザという噂もあったけど、確かに今日はコンディションもあまりよくない感じを受けました。結局、無得点で大会を去る結果に・・・マラドーナと一緒にワールドカップを掲げる姿、見たかったけどな。ワールドカップというタイトルがないと、「レジェンド」とは言えません。バロンドールの呪い、恐るべし。

 でも彼はまだ若い。次のブラジル大会できっと。

 マラドーナ監督にも楽しませてもらいました。

ああいうパフォーマンスを見ていると、日本代表・ラモス監督もありなんじゃないかと思う(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>