味スタにて。


 どうも。
最近マナ・カナの区別がつくようになってきた、いしかわごうです。「当てろ」と言われたら、二分の一の可能性で当てる自信あるからね。

 今日は味スタでヴェルディ対草津戦を観戦。
取材ではなく、自腹の観戦チケットで観客席から試合を眺めてきました。ブラリと行ってJリーグの試合を見れる環境があるなんて、実にいいもんです。知人とあーでもない、こーでもないと言いながら見てました。

いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」

 試合は、2-0でヴェルディが勝利。ホーム初白星ですな。
カンペーのナイスボレーは、なんつーか、ゴールして喜びを噛み締めていたあの姿に、彼なりに主将としていろんなものを背負っていたんだろうなー、なんてことを思ったり・・・・うん。まぁ、試合内容関しては・・・札幌遠征から中二日ですしね。それにしても、カンペーのゴールっていつ以来なんだろ?2年前の日立台で、すんげー弾丸ミドルを決めたのは覚えているけど、流れの中だとあれ以来かな?

 それによりも目についたのが、草津のサッカーの低調さ。
去年は、前線にいる都倉選手を生かす「力強さ」がある戦い方をしつつも、しっかりとパスをつないでいこうという志向が少なからず見て取れたのですが、今年は監督が変わって少し方向性も変えたのかな。少なくとも、今日の試合を見た限りでは、その順位に値するサッカーでした。中盤は組み立てられないし、サイドバックもミスが多いし、結局、苦し紛れのロングボールでラフィーニャにお任せ・・・では打開するのは難しいでしょう。廣山選手も、可愛そうなくらい窮屈なプレーをしていました。大丈夫かな、草津。

 
 記者席に座っていると見えない光景、感じられないものもたくさん発見できました。
ここら辺の人はクールそうに見えて手拍子だけはするんだなとか、平本選手や河野選手がドリブルで突破し始めた瞬間は、やっぱりサポーターもスイッチが入るんだなとか、あと戸田選手には傷んでいてもブーイングするのね、とか(笑)。

 他には、「オーロラビジョンに試合時間の経過が表示されてねーじゃねーか」も。記者席ではストップウォッチで時間を計っているし、万が一忘れても、電光掲示板に備え付けられている時計に目をやればわかるのだけど、普通にホームの観客席に座っていて対面のビジョンに表示されていないと経過時間がわからなくて、地味にストレスになりますね。

 試合後は、あまり目立たないように、さら~っとスタジアムを出ようとしたのですが、どうやら頭が目立つらしくて、出口付近で知り合いとかフロントに掴まりました。「なんで、見つけられたの?」、「その髪の毛が目立つんだよ!」みたいな。

「尻隠して、頭隠さず」とは、まさにこのことか・・・いや、別に尻隠してないけど。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>