いまさら古畑任三郎シリーズ。


 6月ぐらいからチビチビと見始めていた「古畑任三郎」のDVDボックスをようやく見終わりました。
古畑任三郎FINAL DVD-BOX/ポニーキャニオン

¥12,960
Amazon.co.jp
「なんでいまさら古畑?」と言われても、「DVDボックスの完全版がネットで安売りされていたから衝動買いしちゃいました」としか答えようがないんですけど、いやー、面白かったです。
 1stシーズンが始まったのがちょうど1994年の20年前なんですね。リアルタイムでは2ndシリーズからちゃんと見始めて、たまに再放送してるのをちょこちょこチェックしていたのだけど、特番を含めて全部の回は見ていなかったので、バッチリ見直しましたよ。初期の物語の中で出てくるアイテムはさすがに時代を感じますし、それを利用したトリックもありましたけど、それらを差し引いても十分に楽しめました。
 古畑シリーズの特徴といえば、「誰が犯人なのか?」ではなく「どうやって犯人を追い詰めるか?」。やはり見所はここですよね。すでに何度か見た回も多かったので、そういうときはこのドラマの会話のテンポを中心に楽しんでました。古畑と部下の今泉との漫才のような掛け合いだったり、犯人から聞かれたことを、のらりくらりとして、わざと話の流れをそらしたりと、このへんのやりとりが絶妙なんすよ。
 古畑シリーズの大ファンであるイチローが、昔は毎日自宅でBGM代わりに見ていたというのは、このへんに理由があるのかもしれませんね。ちなみにイチローはファイナル3部作で、実名の本人役で出演しています。ダメもとでオファーしたら快諾してくれたらしい。

 本人役ではSMAPも出てますね。これは当時リアルタイムで1回見ただけだったので、懐かしかったー。当時は古畑とキムタクがもっと推理対決していた記憶があったのだけど、見直してみると、意外とそうでもなかったというね。
将棋のタイトル戦をテーマに回もありました。「封じ手」を使ったトリックなんですけど、ただこれは封じ手の仕組みを間違えて採用してしまって、三谷さんが各方面から叩かれたそうな・・・確かに、見ていて「あれ?」と思いましたから。
個人的に好きな回は、桃井かおりの「さよならDJ」、明石家さんまの「しゃべり過ぎた男」・・・とまぁ、語り出すと止まらなくなりますね。3シーズン分とスペシャル番組を全部合わせると、40数話分あったのかな。ここ一ヶ月は「古畑任三郎」を毎日1話ずつ、ないしは2話ずつ見るのと、ワールドカップを見るのが日常のリズムになっていましたから。
古畑任三郎シリーズ、まだ見ていない方がいたら、是非。
古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX/ポニーキャニオン

¥57,456
Amazon.co.jp
三谷幸喜 創作を語る/講談社

¥1,080
Amazon.co.jp
これまで発表してきた作品を振り返っている本。古畑任三郎の話もしてます。
警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX/田村正和,西村雅彦,中森明菜

¥21,384
Amazon.co.jp
古畑任三郎 2nd season DVD-BOX/田村正和,西村雅彦

¥21,384
Amazon.co.jp
古畑任三郎FINAL DVD-BOX/田村正和,松嶋菜々子,西村雅彦

¥12,960
Amazon.co.jp
古畑任三郎 3rd season DVD-BOX/田村正和,石井正則,小林隆

¥25,661
Amazon.co.jp

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>