武岡優斗選手について語ってみました。







 どうも、いしかわごうです。
noteで武岡優斗選手について書いてみました。

風間フロンターレで輝く異端のピース・武岡優斗の魅力を語ってみた。そして今だから明かせる、彼の見つけた「レナトを止める方法」とは?

あまり深く語る機会もなかったので、約3000文字たっぷり語っています。

武岡選手にとってターニングポイントになったのは、2014年の第32節・アウェイでの鹿島アントラーズ戦だと思います。翌年(2015年)もコンスタントに出場するようになったのは、この試合で十分なパフォーマンスを見せたからだといえます。

よく覚えているのがこの試合前日のことです。シーズン終盤にようやく先発のチャンスが巡ってきたのだから、普通ならば少し意気込んでいたり、どこか緊張していたりすると思うんですけど、彼はすごく自然体だったんですね。

聞くと「いつもこんな感じなんで」と笑ってました。サガン鳥栖時代、岸野監督に試合で怒られまくったことで、もはや試合で緊張しなくなったそうです・笑。

あとはレナトとのことも触れています。なんだか、まるで武井壮さんの「◯◯の倒し方」みたいですけどね。

ちなみにディフェンスについては、漫画「フットボールネーション」を読んで参考にしたこともあるのだとか。

現在100円。オリジナリコラムは目標とする数が売れたら値上げします。この値段で買えるのは先着特典なので、早目に買っておくとお得です。(※追記:目標数に達成したため、1月31日に値上げしました)

風間フロンターレで輝く異端のピース・武岡優斗の魅力を語ってみた。そして今だから明かせる、彼の見つけた「レナトを止める方法」とは?

これまで公開されたnoteの過去記事はこちらで確認できます。

よろしくお願いします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>