アジアカップ準々決勝・日本代表対UAE代表〜日本代表が脱・遠藤を果たした試合だったのかもしれない。



スポンサードリンク




 アジアカップ決勝トーナメント準々決勝・UAE戦、PK戦の末に負けました。

 残念ですね。
アジアカップで日本代表がベスト8で敗退するのは、加茂周監督で臨んだ1996年以来です。このときもグループリーグ無傷の3連勝で勝ち上がったのですが、伏兵・クウェートのカウンター2発で沈みました。

 悔やまれるのは、立ち上がりの失点。
UAEはアンカー・長谷部を動かすことで日本のディフェンスを揺さぶって来た。定石である両脇のスペースを起点にして長谷部を左右に動かす。そこをセンターバックが前に出て埋めようとしたり、長谷部が構えているときは、すかさず背後を狙ってゆさぶる。先制点は、UAEにとって狙いどおりの形だったはず。ピッチ上で修正できない時間帯に、日本は今大会初のビハインドを負ってしまった。120分を通じて、ピンチらしいピンチが少なかった試合なので、こういう1本が悔やまれる。

 ワンパンチ浴びたものの、徐々に主導権を取り戻し、後半になってからは一方的に押し込む展開に。後半、アギーレの采配は、武藤、柴崎、豊田を投入。好調・乾を下げたのは疑問でしたが、采配自体は理解できるもの。ただどうにもゴール前で余裕が無く、シュートが枠に飛ばない。CKをショートで工夫しても、うまくいかずに結局、相手ボールに・・・どうにもチームの歯車が噛み合わず。[4-4-2]でガッチリ守る相手を攻めあぐねて時間が過ぎていく。

 その展開で飛び出したのが、ゴール前で本田圭佑の落としに走り込んだ柴崎の強烈ミドル。いやはや、この同点弾はシビレました。遠藤に代わって入ってから、ここまでゴール前ではラストパスを選択し続けていたので、ここでも右でフリーになっていた酒井を使うか、中に通すかの選択だと思ってました・・・まさかあそこから撃ち抜くとは!もし、この一発を狙うための布石として、ずっとシュートを打たずにパスを選択し続けていたのだとしたら・・・ちょっと恐ろしいですね。

 これで勢いは完全に日本に傾き、UAEをノックアウト寸前に追い込み、後半終了間際に香川も決め切れず延長戦へ。太腿裏あたりを痛めながらも、交代枠が無いため長友がピッチに立っていたため、チームとしても無理も出来ず。PK戦へ。

 こうなると川島永嗣に託すしかありません。6人目までもつれるも、香川が外して万事休す。最後もしっかり決められて、日本のアジアカップはここで終わりました。

 まさかベスト8で負けるとは思っていなかったので、試合直後に総括するほど気分にはなれず、なかなか複雑な思いでこのブログを書いてるわけです。うーん、現時点ではなんとも言えません。

 このUAE戦は、おそらくアジアカップの負けた試合として長く記憶されると思いますが、もしかしたら日本代表が脱・遠藤を果たした歴史的な試合と評価されるかもしれません。

・・・小林悠、最後まで出番なし。本当に残念でした。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>