「僕、囲碁の井山くん、知ってるんですよ」と言われた話。


今日、プレスルームにいたら「僕、囲碁の井山くん、知ってるんですよ」とノボリこと登里享平選手が話しかけてくれました。
 一瞬、「囲碁のイヤマくんって誰だっけ?」と思ってしまったのですが、聞くと、近所の囲碁好きの少年の名前ではなく、なんとあの井山裕太六冠のことでした。
・・・・・めちゃくちゃ有名人じゃないですか!
情熱大陸やプロフェッショナルにも登場しています。というか、現在、日本の囲碁界の頂点にいる棋士ですよ、えぇ。「そうなの???」と驚きながら聞いてみると、井山六冠とは小学校と中学校が同じだったそうです。
 確かに、お互いの出身地を見ると大阪府東大阪市出身で、東大阪市立孔舎衙東小学校→東大阪市立孔舎衙中学校なんですよね。年も近いので、知り合い同士だったとのことです。当時の井山少年の印象なんかも教えてくれました。ノボリと囲碁・・・あまりに結びつかないですし、ノボリが囲碁のトップ棋士とつながりがあるだなんて、なんという衝撃の事実!
 
 ノボリは高校から香川県ですから、その後は疎遠になっていたそうですが、2010年、まさかの再会を果たします。
 それは、中国で行われた「アジア競技大会2010広州」。
サッカーの男子代表に関して言えば、いわゆる五輪世代の若手が出場した大会で、指揮官は関塚隆監督。見事に金メダルを獲得するのですが、ノボリはそのチームの一員とノボリはこの大会に参加していました。
 実はこのアジア大会の競技には、「囲碁」もあったんです!井山さんはこのアジア大会の男子団体戦に出場してて、なんと2人は広州でバッタリと会ったそうです・笑。お互い、ちゃんと覚えていたそうですよ。
 すごい偶然ですなぁ。いやー、信じられない話だわ。8月になってから一番の驚きです。
何か2人の対談企画とかができたら面白いですよね。ノボリはともかく、井山六冠は多忙だと思いますが。
・・・にしても、吉原(梅沢)由香里さん(フロンターレの元GK吉原慎也選手の奥様)といい、今回のノボリと井山裕太6冠といい、なぜかフロンターレは将棋よりも囲碁のほうに縁がありますね。ちょっと悔しい・笑。
 さて明日は柏レイソル戦です。
柏に向けて出発した選手バスの見送りもしてきました。

バスに乗り込んで行く顔ぶれを見ると、スタメン争いだけではなく、ベンチ入りも競争が激しくなってきてることを感じる面々でした。さて、明日の試合はどうなるか。
 昨日は登り坂の写真だったので、今日は無理矢理、この写真を。

・・・ノボリト。
 今日から8月です。
7月の勢いを継続できるように、期待したいですね。
—-
最近出た新刊。少年向けの運動の本ですが、冒頭には憲剛選手のインタビューなども掲載されてました。
川崎フロンターレが伝えるサッカーから学ぶ運動のきほん/ベースボールマガジン社

¥1,728
Amazon.co.jp
井山六冠のすごさがわかる本は、こちら。
わが天才棋士・井山裕太/集英社インターナショナル

¥1,620
Amazon.co.jp
井山裕太栄光の軌跡―碁界を席巻した天才棋士/日本棋院

¥1,620
Amazon.co.jp
勝運をつかむ/致知出版社

¥1,296
Amazon.co.jp
僕の将棋とサッカーの本もよろしくです。将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門/朝日新聞出版

¥1,512
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>