将棋とサッカーが面白くなった1日。


 先週末の土曜日は、山形の天童市にお邪魔してきました。
 もともとは、NDスタジアムでのモンテディオ山形対ジュビロ磐田戦でナリキン!との「将棋×サッカー」のナリキン!企画が開催されるということで、取材がてら顔を出そうと思っていたのですが、「せっかくなら・・」といろいろとお声がかけていただき、なぜか将棋の野月プロと試合当日にトークイベントをすることに。取材する側だったはずが、いつの間にか出演者になっておりました。
 天童駅で野月さんら出演するプロ棋士3名と合流。僕は新幹線で移動し、お三方は車で天童まで来たとのこと。
 天童は将棋の街なんですよ。
大きな公園には「詰め将棋」があったりしてビックリします。初級・中級・上級にわかれているのですが、初級でもそこそこ難しいです。

 初級は5問全部解けました。
 上級はめっさムズイです。

現役A級棋士の阿久津八段もしばらく悩んでましたから・笑。その後、スタジアムに向かう車中で「解けた!」と西尾プロ。ずっと考えていたんかい・笑。
 そんなこんなで到着。
NDスタに来るのは久しぶりですね。
スタジアム&クラブハウスに併設されている食堂でトークイベント「将棋×サッカーに風が吹いている」をさせていただきました。

 野月プロとなので、サッカーと将棋の話題をざっくばらんに話させていただきました。
モンテディオ山形のサポーターの方々がほとんどだったので、昔、取材した時の山形の懐かしいネタを少し盛り込みました。例えば、ヴェルディ時代にディエゴと組んでいたフッキが、レオナルドを吹っ飛ばしてこのスタジアムでゴールを決めたとか・笑。最後は、到着したばかりのナリキン!の鈴木大四郎先生を交えて3人でトークしました。また機会があれば、トークイベントしたいですね。
スタジアム内のブースではプロ棋士の3人との指導対局や書駒体験ブースもありました。こんな選手駒みたいなアイテムも作れたみたいです。

 これはちょっとした記念になりますよね。 書駒は三文字ぐらいが限界と聞いていたので、「10 レナト」を漢字にした「10 礼奈斗」って書こうかなと思ったんだけど、「あれ?レナトって漢字でどう書くんだっけ?」と悩んでしまい、断念。いや、正解とかないっすね。
 そんな感じでブラブラしていたら、サイン会の時間に。
特別書き下ろしポスターももらえる「ナリキン!」の鈴木先生のサイン会。


なんと僕の「将棋でサッカーが面白くなる本」も一緒に販売とサイン会!・・・便乗させていただきました。

 おかげさまでたくさん売れました。本を買ってくれた方に聞くと、「前から欲しかったんですけど、本屋に置いてなくて買えなかったんでよー」と話してくれた方が何人もいました。天童、いや山形の書店さん、ぜひたくさん置いてくださいっ。
 ちゃんと野月プロも交えた3人でサインを書きましたよ。

 試合はピッチ脇の芝かぶり席で観戦させていただきました。
ハーフタイム、スタジアムDJさんが棋士の方々を紹介し、さらに前半の感想をその場でインタビューしてオーロラビジョンで流していたのだけど、まさか隣にいた僕にまで紹介&感想コメントが回ってくるとは・・・・貴重な経験をさせていただきました・笑。山形のサポーターの方々がやさしくてよかった。
試合は、残念ながら0-1で敗戦。

 ディーオくんが、さびしげにピッチの選手達を眺めておりました。
 駆け足で当日の様子を書きましたが、実に楽しく過ごさせていただきました。これがサッカーファンが将棋を指すきっかけになれば良いですし、将棋ファンがサッカーを楽しむきっかけになっていくように、毎年恒例で企画して欲しいですね。
またぜひ呼んでください。
山形の書店で見つからない方は、アマゾンでどうぞ。
将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門/朝日新聞出版

¥1,512
Amazon.co.jp
ナリキン! 5 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥価格不明
Amazon.co.jp
ナリキン! 6 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>