味スタ取材〜やるかやられるか。サイドの攻防。


 日曜日は味スタに。
J2の東京ヴェルディ対カターレ富山戦を取材してきました。試合は2-1で富山が勝利。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 メンバーが戻ってきたこともあり、富山はシーズン序盤に採用していた[3-1-4-1-1]システムで久々に臨みました。
 この独特のシステムが機能するかどうかの肝は、やはり中盤にあります。そしてこの日は、これがかなりハマリましたね。アンカーに大西容平選手、中央にソ・ヨンドク、キム・ヨングンこの3人がグルグルと入れ替わりながらボールに顔を出して引き出し、ボールを受けて散らして、ボールを動かして・・・を繰り返して、彼らを中心に円を描くように攻撃が循環していきました。面白かったですね。
・・・って、こんなことを書くと、たぶん「お前は一体、何を言ってんだ?」と思われるかもしれないですけど・笑、実際にそういう狙いでボールを動かそうとしているチームなので、その視点で見ると面白いと思いますよ(スカパー!の試合映像ではあまり伝わないのが残念ですが)。
 特にこの日は、狭いエリアを打開する中央のつなぎに固執することなく、サイドを縦にシンプル突いたり、一発のロングボールで白崎選手や苔口選手を走らせていくような、大きな揺さぶりも繰り出していて、とてもリズム良く展開できていました。本当にシーズン序盤の良いときのカターレ富山のサッカーだったと思います。
 驚いたのは、この試合の3バックの左が木村勝太選手だったことです。
元々の彼は、FWやサイドアタッカーなど攻撃的なポジションの選手です。最近の試合でサイドバックはやっていましたが、ここにきてセンターバックですか。
 ここはゲームのポイントだったと思います。
なにせ対面するヴェルディの右サイドは突破力のある森勇介選手です。右サイドから徹底的に仕掛けられ続けたら、かなり厳しいマッチアップになっていたはず・・・試合後、安間監督に「あそこのサイドって勝算はあったんですか?」と聞いたところ、「やられるかもしれないけど、勝太をあそこに置いておければボールを動かせるので」と明かしてくれました。
つまり、森選手の突破力に対応するために、守備力に秀でた選手をぶつけるのもひとつの策ですが、森選手に守備をさせることでその突破力を消してしまえという策もあるわけで、安間監督は後者を取りました。
 もちろん、どちらも一長一短があります。実際、同点弾となるCKを獲得したプレーは、森選手の右サイドの突破でしたからね。富山は左サイドを「やられた」わけです。
 しかし決勝弾となる2点目を生んだ起点は、実は木村選手でした。
彼が森選手がボールを奪いにきたことでできたスペースに顔を出したソ・ヨンドク選手に後ろから縦パスをスパッと入れたことで、攻撃のスイッチがカチッと入りました。ゴール前では白崎選手と苔口選手の崩しばかりに目がいきますが、安間監督の言う「ボールを動かせる」木村選手がセンターバックにいたからこそ、あそこであのタイミングで縦パスを通すことができたわけです。
 とはいえ、木村選手のフォローとしては左サイドには守備の頑張れる舩津選手をちゃんと配置して、中盤での森選手との引っ張り合いをさせていましたけどね。ここの思惑や駆け引きは面白かったです。
 一方のヴェルディは、持ち味が出せなかった試合でしたね。
個人的には、佐藤優也選手という、あれだけ最後尾で自信を持って足元でさばけるGKがいるのに、それをチームとして生かせないのがもったいない気がしました。
 足元の巧さに定評があるのは知っていましたが、彼をじっくり観察していると、最終ラインがボールを持ったら、自分とゴールマウスとの角度をあまり気にせず、まずは味方のボールを受けにいくポジションを取るんですよね。完全に現代型GK の動きです。
 そして自分のところでFWからプレッシャーをかけられても、当たり前のようにプレスを外して味方の足元にボールを渡してしまう。普通に考えたらGKのところで相手を一人外してくれたら、次の展開というのは格段に楽になると思うのですが、残念ながら、ボールを受けた味方が次のプレーを描けていないのか、攻撃が進まず・・・とてももったいないですね。
 そんなところでしょうか。
ちなみに富山はこの勝利で、残り3試合で最下位・鳥取との勝ち点差が12差になったため、残留が決定。下から二番目の入れ替え戦の可能性がまだ残っているだろ、と思っていたのですが、町田が2位以内に入らない為、それはないんですね。おめでとうございます。
 監督会見後、ついつい話し込んでしまったため、選手のミックスゾーンに行けませんでしたが、
久しぶりに安間監督とも立ち話させてもらえてよかったです。
Jカード2013/1st 【カターレ富山】 レギュラーカード全6種/エポック社

¥価格不明
Amazon.co.jp
Jカード2013/1st 【カターレ富山】 ホロパラレルカード全5種/エポック社

¥価格不明
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>