桜坂と登り坂。


 本日は麻生取材に。
先日のフッチボールチャンネルの記事、山本真希選手が読んでくれたようです。
圧倒的な得点力を見せる風間フロンターレ。その攻撃力を支える、ダブルボランチの高度な機能性
 ダブルボランチの一角・山本選手についてフォーカスしているのですが、その中でも2点目のプレーにつながった、ゴールラインではなくタッチラインにしたディフェンスを「隠れた好プレー」として取り上げています。あらためて、あのプレーについて「なんであんなに頑張れるんですか?」と本人に聞いてみました。

「このチームには点を取ってくれる人がいるし、それにつながるのであれば、自分はほかのところで頑張れますから。それに、こういうプレーを評価してくれている方もちゃんといるんで」

 オシム監督がかつて「水を運ぶ選手」という言い方をしましたが、やっぱり、こういう精神の選手がいることでチームというのは機能していくんでしょうねぇ・・・そんなことを実感しました。
 本日更新されたモバフロの番記者ノートにも山本選手のことを書いているので、そちらもぜひ読んでみてください。
—-
 練習取材後は、赤坂方面に。こちらで打ち合わせでした。モロモロ、興味深い話を聞かせてもらいました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
溜池山王駅を出ると・・・
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
・・・桜坂はここなんですね。
愛と知っていたのにぃー
花はそっと咲くのにぃー ふぅーいぇー
君は今も 君のままでぇー
つい大学時代を思い出して口ずさんでしまいます。ちょうどこの頃、福山雅治のライブも行ったこともありましたわ。懐かしい。
フロンターレもここからさらに登り坂といきたいですね・・・登里じゃないですよ。
桜坂/ユニバーサルJ

¥1,260
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>