甲府戦〜逆転を呼んだ右サイドからの巻き返し。


 甲府戦は3-1で勝利。
中断明けから4試合目にしての白星です。ただこの4試合ではシュート数、決定機がともに少なく、内容的にも一番良くなかった試合だったかもしれませんね。ただ、少ないチャンスをしっかり決めて勝ち切る力も重要です。あと終盤に押し込まれながらも、ジェシを中心に粘守り切った守備陣の頑張りも光るゲームでした。
 前半は、甲府のプラン通りに進んだ45分だったと思います。
甲府の布陣は[3-4-2-1]ですが、守備時は自陣で[5-4-1]を組みスペースを消してきました。特に中央を締めて、大久保選手と憲剛選手のラインを徹底的に消してきましたね。となれば、レナトに預けて左サイドから打開していくのもひとつですが、レナトは不在。
 そこで周囲が連動しながらやっていくことがポイントなわけですが、ここで気になったのが、中断前と比べて、半分近くの先発メンバーが代わっている点。最終ラインは3人の入れ替え、アランは合流3試合目、ボランチも森谷選手が2試合目、さらに左サイドのノボリと小宮山選手は久しぶりの先発コンビですからね。ユニットとしての部分を考えると、試合中にお互い確かめながらプレーしていく部分が多くなるのは仕方がないところです。
 それよりも気になったのは、動きの少なさから生まれる攻撃の手詰まり感でしょうか。風間監督のサッカーでは、「出して、動く」を繰り返して相手を外す動きが肝なのですが、ボールを持ったときに、相手が自陣に引いてボールを取りに「来なかった」ためか、余裕を持って足元でボールを持ててしまうんですよね。自分たちがボールを握って相手陣地に押し込めていても、そのときにボールホルダーに対する周囲のサポートや動き出しが少なくては、相手の守備のバランスはなかなか崩れません。
 それでも、立ち上がりの20分ぐらいまでは悪くない距離感でプレーできていました。しかしカウンターに出た場面を、逆にカットされてしまう場面から失点。パスミスしたのはアラン。ボールロストの少ない選手だと思うのですが、このときの失い方はやや軽卒でした。
 甲府の攻撃は、予想通り、パトリックのパワーを存分に生かす戦い方でした。サイドから、中盤からも頭を目がけてシンプルなロングボールを入れる。背に腹はかえられないのか、かなり割り切っている部分もあると思いますが、それだけで十分な脅威を与えていました。得点もサイドからパトリックへのクロスを西部選手が弾いたこぼれ球を決めたものでしたし。
 勢いに乗った甲府の反撃をくらい、パトリックの飛び込み含め、決定機を何度か作られました。甲府はここで仕留め損ねたわけで、フロンターレとしては、この時間帯を1失点のまま我慢できたことが、後半の逆転劇につながったと思います。もしかしたら、失点してから前半終了までが、この試合における分岐点だったかもしれません。
 後半はサクッと。
フロンターレは「出して、動く」の意識を徹底させることで反撃し、特に右サイドの攻撃が見違えるように良くなりました。サイドから人の動きを加えて崩すことで、3バックの泣き所を突いていきます。それがまずアランの突破が幸運なPK獲得を生みます。倒したのはペナルティエリアの外ですから、ラッキーとしか言いようがありません。ただ盛田選手は完全に逆を取られてのタックルで、足を踏んだ形になってましたから、審判の印象が悪かったのかもしれません。
 さらに相手のビルドアップの運びからボールを奪い、カウンター。大久保選手の落としに憲剛選手の抑えのきいた地をはうシュートでズドン。憲剛選手のシュート技術の高さが光りましたが、あの落としに走り込んでという形は、麻生のシュートトレーニングで毎日のようにやっている型でもあります。
3点目も、右サイドの田中裕介選手の泥臭いチェイスから。その前にも抜け出してGKと1対1を作るなど、後半の田中裕介選手の突破は光りました。
 終わってみれば3得点。
レナト不在で攻撃力の低下が心配されましたが、「いるメンバーの個性を生かした攻撃が出来る」というのが、風間監督のサッカーの強みだと思います。特にこれまでフロンターレのサイド攻撃は、左サイドのレナトとノボリの連係がストロングポイントでしたが、今後、右サイドのアランと田中裕介選手による崩しが武器として機能し始めると、また攻撃のバリエーションも広がって来て面白いのかな、と。
 風間監督は、ペナルティエリアの3辺を崩すことにこだわりを見せてますからね。レナトだけではなく、小林選手、矢島選手を欠き続けた中でも、これだけの得点力をキープできているのにはしかるべき理由があるわけです。
-----–
 
日曜日の日テレ「LIVE MONSTER 」にスキマスイッチが出演。甲府戦で抑えのきいたミドルシュートを決めた選手もゲスト出演してました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 隣にいたカラフルメガネは、僕ではなく山ちゃんです。山ちゃんにけっこう拾われて、ツッコまれてました。
Hello Especially(初回生産限定盤)(DVD付)/アリオラジャパン

¥1,890
Amazon.co.jp
POPMAN’S WORLD~All Time Best 2003-2013~(初回生産限定盤…/アリオラジャパン

¥4,410
Amazon.co.jp
スキマスイッチだとユリーカが好きです。
ユリーカ/アリオラジャパン

¥1,223
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>