等々力取材〜見応え十分だった多摩川クラシコ。


多摩川クラシコということでイベントも盛りだくさん。試合前のフロンパークでは、フットブレインによるガチトークバトルが開催されてました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
司会は勝村政信さんとテレビ東京の水原アナでした。杉崎美香アナじゃないのね・・・(めざにゅーの頃から好きなので)。僕は第2部の寺田周平コーチと佐原秀樹コーチ、そして小林成光コーチ(FC東京)のトークバトルを観戦してました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 面白かったのが、選手の移籍に対する話題でしょうか。
佐原選手が川崎フロンターレからFC東京に移籍した経緯があるということでその話になったのですが、周平さんが「フロンターレのサポーターは移籍した選手に対して、拍手する文化がありますね」と言っていたのに対して、小林コーチが「FC東京の場合、ブーイングされるかどうかは・・・・人によりますね・笑」と言っていました。勝村さんは「スペインのクラシコで相手に移籍したら、豚の頭を投げられますよ、コーナーフラッグで!!」と興奮してました・笑。
 試合の方は2-2のドロー決着。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
勝てませんでしたが、何も出来ず完敗に終わった前回の対戦に比べると、チームとしての変貌ぶりを存分に見せつけた内容ではあったと思います。ゲームについての分析はフットボールチャンネルでバッチリ書かせてもらいました。中盤を巡る攻防について書いてます。詳しくはそちらを読んでください。
多摩川クラシコで躍動した中村憲剛。FC東京の“川崎対策”はなぜかわされたのか?
 原稿にも書きましたが、GK西部選手のミドルレンジで通したパスを起点に始まったあの先制点の崩し方、何度見ても鮮やかですな。相手選手にはボールを全く触れさせてないですし、あんなパスワークをされたら、権田選手、森重選手、高橋選手の日本代表3人が構える守備陣もお手上げでしょう。攻撃に自信をつけているだけに、勝ちたかったですね。
 ここにきてけが人がさらに増えてきたのは気になるところです。この試合でも交代カードの3枚全てがアクシデントによる交代となってしまいました。實藤選手は軽い脳しんとう、森谷選手は熱中症とのことだったので、復帰までに時間はかからないと思いますが、レナトの状態はちょっと・・・いや、かなり心配です。重傷ではないといいのですが。
 試合後のミックスゾーンでは伊藤選手に少し話を聞きました。
「多摩川クラシコの歴史を知る男としてコメントください」と話しかけると「ふふふ・・・」と笑ってくれました。憲剛選手は意外と多摩川クラシコに欠場してますから、一番出場しているのは、現役ではたぶんこのお方でしょう(調べてないですけど)。
 「今年は勝てなかったから悔しいね」と地味に悔しがっていました。あと多摩川クラシコが点の取り合いになっていることには、実は守備陣として少し複雑みたいです・笑。最近、得点を量産している憲剛選手の活躍についての評価も聞いてみたのですが、「今日のはごっつぁんでしょ。ポストに当てたミドルを決めないとダメ」と、やっぱり憲剛選手には辛口でした。ヒロキさんによる憲剛選手のダメ出しトーク、たまらないっす。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 しかし暑い日が続きますね。
等々力からの帰り道、いつものように駅まで歩いて帰ったら、かつてないほどの汗だくになってしまいました。あの酷暑の中、90分間サッカーボールを追いかけて走り続けていた選手達、マジリスペクトっす。
フット×ブレインの思考法 日本のサッカーを強くする25の視点/文藝春秋

¥1,365
Amazon.co.jp
クラシコ [DVD]/トライワークス

¥3,990
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>