グラジオラスの轍〜そしてサッカーは続く。


 日曜日の深夜、選挙特番の後に放送された「グラジオラスの轍」を見ました。
 今回はなでしこジャパンに密着した回。去年放送された永里姉妹を巡る物語は、すごく印象的だったんですよ。ストイックな努力家の姉・大儀見優季と、おおらかで天才肌の妹・永里亜紗乃。この2人の対比がなんとも言えなくて・・・・。
 今回も永里亜紗乃が出るというので、てっきりその続編だと思っていたのですが、日テレ・ベレーザの岩清水梓と田中美南、そしてドイツ・ブンデスリーガの1.FFトウビネ・ポツダムの永里亜紗乃の3人による構成でした。なので、アッサーノのドキュメントはわりと短め。正直言うと、ちょっと物足りなかったですね。ただしっかりとした構成でした。
 岩清水梓と田中美南はともにベレーザ所属。
世界一に輝いたなでしこジャパンの主力DFである岩清水梓が、未来のなでしこたちに託したいもの・・・・それは、不遇の時代を知る先人達から受け継いだものでもある。そしてこれを受け継いでいく次世代の田中美南は何を思っているのか。ただ若手にも若手なりの苦悩がある・・・なるほどね。
 そして、今年からドイツのポツダムでプレーする永里亜紗乃。姉がいたチームです(大儀見優季選手はチェルシーの移籍が決まりました)。姉が住んでいた部屋なんですね。ドイツの生活ぶりから、一皮むけようとしているのは伝わりましたが、いかんせん時間が短かかった。彼女がここで何を掴もうとしているのか・・・もっと見たかったですね。
 ラストシーンもよかったですね。シーズンオフ、日本の自宅で浴衣姿でくつろぐ姉妹。そこで姉から妹へのアドバイスをカメラ越しに聞いて、後ろでちょっと涙ぐむアッサーノ。エンディングにかかるモンキーマジックの「足跡」が相変わらず、いい感じでした。
 当たり前のことですが、ワールドカップで優勝してもサッカーは続くんです。ワールドカップで優勝したからといって、この国のサッカーが終わるわけでもないし、無くなるわけでもない。だから、その後に残さないもの、託したいけねかればならないものがある。なでしこ”ブーム”自体はすでに去ったと思っていますが、それでもしっかりと根付きつつあるものもあるわけです。
 そしてサッカーは続く。
永里三兄弟の父・正彦氏による本。ご自身のスタンスを明かしています。
常識を超えれば夢は叶う: 問いかけ、気づかせ、導くコーチング/永里正彦

¥1,260
Amazon.co.jp
「グラジオラスの轍」のテーマ曲。思わずituneでダウンロードしてしまったぜ。
Somewhere Out There/MONKEY MAJIK

¥2,940
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>