オマーン戦、勝利。


 オマーン戦は2-1で勝利。
 よく勝ちました。
なんだかんだ言っても、ワールドカップ予選で最優先されるのは結果だと思っています。中東でのアウェイで、しかもあの灼熱のコンディションの試合で、終盤に競り勝ってきたことは最大限評価したいと思います。
 試合としては、うまく先制して、まったく危なげない試合運びができていたと思うのですが、ゲームのクローズに失敗してしまいましたね。
 攻めたときのリスク管理の甘さからカウンターを浴び、そこで与えたフリーキックから同点に追いつかれましたわけですが、あの場面をよく見てみました。日本としては人数をかけて追加点を狙う勝負どころでもありましたから、長友選手からの仕掛けとゴール前に人数をかけて飛び込んで行った姿勢自体は悪くありません。そしてボールを取られた後に受けたカウンターにも、相手の攻撃を遅らせて、後ろに人数はそろっていました。リスクマネジメントもできていたと思うんですよ。
 それだけに、吉田選手のあのファウルが少し不用意だったとも言わざるを得ません。非常にもったいなかった。
ただ、追いつかれた後、あの雰囲気に飲まれず、よく我慢して再び突き放したな、と。あの大声援とスタジアムの盛り上がりと見たら、オマーンがホームで負けない理由もうなずけるところです。正直、1-1でも十分だろ、と思いましたから。
 あとはザックも、さすが百戦錬磨ですな。
スタメンは無難な顔ぶれでしたが、うならされたのはその采配。スペースに飛び出せる選手が欲しいがベンチにいない。ならばと、長友選手をサイドハーフにあげたり、追いつかれた状況で、前線の駒を増やすのではなく、中盤底に守備的な細貝選手を入れて、遠藤選手を一列上げるなど、やりにくりが上手い。このへんの柔軟性は、評価したいですね。
これでほぼワールドカップ予選突破は間違いないでしょう。いい感じです。
憲剛選手は出番がありませんでしたが、そのエネルギーは週末の新潟戦でお願いしますってことで。
日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]/出演者不明

¥3,990
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>