ごう、猛勉強中。


 気づいたら、今週はちとブログの更新が滞ってました。
 実は・・・猛勉強してました。
・・・サッカー検定の、ですけど。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
写真は、市販されているサッカー検定の公式テキスト。
実は前回、サッカー検定4級(エキスパート)を90点の高得点で「どやさ!」と合格したわけですが、今回挑戦するのは2級です。サッカー検定の2級、はっきりいって、難易度高いっす。過去問を見ていたら、そのレベルの高さと準備期間の少なさに、ごうちゃん、涙でそうになりました。
 なんだろうな。
難しさの質としては、有名な話題のマニアックな部分を突いてくるんですよ。
例えばカズさんの問題なら、「日本代表として活躍した三浦知良がブラジル南部3部リーグ優勝を経験したときに所属していたチームはどれか。」とかね。
日本のカズファンを自認する人でも、これを即答できる人ってかなり少ないんじゃなかろうか(答え:ソシエダージ・エスポルティーバ・マツバラ)。
 他には「日本代表で活躍した奥寺康彦を評価し、チームに招き入れた 1.FC ケルンの監督はだれか(答え:ヘネス・ヴァイスヴァイラー)、「フランス代表として活躍したジネディーヌ・ジダンがキャリアをスタートさせたユースチームはどれか(答え:USサン・アンリ)」など、人物問題だとだいたいこんな感じです。一筋縄ではいかないですよね・・・。
 
 いろんなジャンルの問題があるんですけど、とりあえず歴史問題はゴリゴリ暗記してます。
自分が触れてきた世代、言うなれば、Jリーグ開幕から現在の20年ぐらいはだいたい把握しているのですが、自分が生まれてくる前の出来事はさすがに知らないですからね。
 世界最古の代表戦は1872年のイングランド対スコットランドで・・・、FIFAの設立は1904年で、ロベール・ゲラン事務局長とカール・ヒルシュマン事務局長が中心となり、初代会長はゲランが就任。この組織に参加したのはオランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、フランス、ベルギーの7カ国で本部はフランスのパリに設置され、後の1932年にスイスのチューリッヒに移転・・年号の暗記も必要なので、やってることはほとんど世界史とか歴史の受験勉強ですよ。
日本にサッカーが伝来したのは、1873年に海軍兵学校に招かれたイギリス軍のアーチボードダグラス中佐によってもたらされた・・・とかノートにメモして覚えてますからね。暇を見つけては、テキストを読み込み、過去問を解いていく日々・・・ただの受験生じゃないですか。
・・・まっ、時間ないですけど頑張りますわ。
サッカー検定公式テキスト〈2011‐2012〉/TBSサービス

¥1,575
Amazon.co.jp
サッカー検定公式テキスト 2009-2010/TBSサービス

¥1,500
Amazon.co.jp
サッカーエキスパート―週刊サッカーマガジンが監修した、サッカーがもっと楽しくなる本 (impr…/インプレスジャパン

¥1,554
Amazon.co.jp
ここらへんのDVDを全部見たい気分・笑。
ヒストリーオブUEFAチャンピオンズリーグ [DVD]/パイオニアLDC

¥4,935
Amazon.co.jp
縮刷版日本代表ヒストリー/情報センター出版局

¥3,990
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・フットボール Vol.5 [DVD]/日活

¥5,250
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・イングランドフットボール [DVD]/クリエイティブアクザ

¥10,500
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・UEFAヨーロッパ選手権 [DVD]/日活

¥7,350
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・フットボール Vol.6/Vol.7 [DVD]/日活

¥6,825
Amazon.co.jp
ゴールゴールゴール!歴代スーパースターヒストリー [DVD]/ARC

¥500
Amazon.co.jp
トヨタカップ ザ・ヒストリー [DVD]/ジェネオン エンタテインメント

¥4,935
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・フットボール Vol.2 [DVD]/日活

¥5,250
Amazon.co.jp
ヒストリー・オブ・フットボール Vol.3 [DVD]/日活

¥5,250
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>