オーストラリア戦。


 実力が拮抗しているライバルとの敵地戦。そして少しでも気を抜くとやられてしまう、あの手に汗握る緊迫感。3試合目にして「これぞアジア最終予選」というゲーム。しびれる戦いでした。
 序盤から「これは日本での2試合とはワケが違うぞ」と感じさせる展開でした。
荒れたピッチ(ラグビーの試合をしていたらしい)の影響で、トラップやショートパスに慎重にならざるを得ない日本とは対照的に、オーストラリアはケーヒルめがけた正確なロングフィードを供給して、最終ラインに空中戦で圧力をかけてきます。
ここ2試合とは違い、立ち上がりから飛ばしてくるオーストラリアの猛攻に晒されて、正直、日本の守備陣はかなりバタバタしてましたね。栗原選手のスーパークリアもあり事なきを得ましたが、もしこの時間帯で失点していたら、非常に苦しい展開になつていたかと思います。アウェイでしたし、ここらへんは相手の出方を見ながら戦い方やプレーを選択していかなくてはいけないので、多少後手に回るのは仕方ないかな、とも思います。無失点でしのいだわけだし。
 あと日本をリスペクトしていたのか、ボールを持たせてくれたオマーンとヨルダンとは違い、オーストラリアは寄せが非常に早かったですね。ピッチ状態の影響もあったと思うのですが、ボールコントロールに手間取り、パスの出し所を探す日本の選手を、容赦なく挟み撃ちにしてボールを奪っていきました。空中戦含めて、ここを相手が徹底していました。それだけにむ無失点で前半をしのげたのは本当に大きかった。
 後半は、時間の経過とともに逆にオ-ストラリアが焦りだすと思っていました。
実際のその展開になりかけていたと思ったのですが、ミリガンの退場からゲームが少し主審がブレ始めてきましたね。内田選手へのアタックで二枚目のイエローをミリガンに提示しますが、すぐにはレッドカードを提示しませんでした。おそらく二枚目だったとことを認識せずに出してしまったのだと思います。これでオーストラリアは10人に。
 数的優位で押し込む日本が後半20分、ショートコーナーから本田選手が中に切り込み、最後は栗原選手が右足で流し込んで日本が先制。
 ところがその5分後、CKをクリアしたあと、主審がPKを宣告。リプレイを見ると、内田選手がホールディングの反則だった模様。厳密にいえばファールなのでしょうけど、CKの局面では、どこにでもある引っ張りです。これでPKを宣告していたら、キリがないでしょ、っていうね。露骨すぎるホームよりの判定によるPkを決められて、1-1。
 これでオーストラリアが息を吹き返しましたね。
10人ながら、ホームの大声援を受けて猛攻。ロスタイムには、抜け出そうとした相手選手を倒したとして栗原選手が二枚目のイエローで退場。しかもこの判定、パスが出た瞬間は、相手がオフサイドなんですよね。ただ副審はフラッグをあげず。もしオフサイドであれば、栗原選手の警告も取り消されていたのだから、なんともアンラッキーでした。
 ラストプレーになるはずだった本田選手のFKの場面での試合終了の笛は・・・・もうねぇ、「レフェリー、ワイルドだねぇ」としか言いようがありません・笑。「時間が来たので笛を鳴らしてやってぜぇ。日本の選手、ビックリしてたぜぇ。ワイルドだろう?」ってスギちゃんがネタにしているレベル。
 試合内容を吟味すると、決していい内容ではなかったと思います。
攻撃では、個の力で起点となれる本田選手に依存する場面が目立ち、これまでのように連動した攻撃の形は少なかった印象です。でも、あの展開で勝ち点1を持って帰ってきただからOkです。追いつかれてからの劣勢を考えたら、あわやの逆転負け・・・・カイザースラウテンの悪夢の再来になるところでしたから。アウェイでライバルから取った勝ち点1という結果はおおいに評価をしたい。3試合で勝ち点7・・・・予選突破に向けては上出来です。
 次は9月にジーコ監督がいるイラク代表との一戦ですね。
最終ラインは内田選手、今野選手、栗原選手が軒並み出場停止。ケガの吉田選手も復帰しているかどうかは未定です。新戦力の発掘があるのか。楽しみにしたいと思います。
アジアカップのDVD.
日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]/出演者不明

¥3,990
Amazon.co.jp
長友選手の思考のメカニズムを明かした新刊。
上昇思考幸せを感じるために大切なこと/長友 佑都

¥1,365
Amazon.co.jp
長谷部選手のベストセラー。
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣/長谷部誠

¥1,365
Amazon.co.jp
川島選手の自己マネジメント術。
準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント/川島 永嗣

¥1,365
Amazon.co.jp
遠藤選手がサッカー観を語っている本。今野選手との濃い対談あり。
観察眼 (角川oneテーマ21)/遠藤 保仁

¥760
Amazon.co.jp
遠藤選手の凄さを遠藤選手以外の識者が語った一冊。
フットボールサミット 第6回 この男、天才につき。遠藤保仁のサッカー世界を読み解く/西部謙司

¥1,365
Amazon.co.jp
一見、エッセイ写真集のように見せかけて、実はコアなサッカー談義が掲載されているウッチー本。
僕は自分が見たことしか信じない/内田 篤人

¥1,680
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>