べしゃり暮らしの最新刊が出ました。


$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
(帯コメントはタイムマシーン3号)
最新刊13巻は、学費免除バトルの決着です。ひょんなことからトリをつとめることになったべしゃり暮らし。トリオとして挑むことになった子安の舞台上での心理描写を描いています。
物語の後半は、若手人気コンビ「るのあーる」の過去を掘り下げています。やはりこの漫画は、お笑い論うんぬんよりも、芸人という人間の生き様のほうを描きたいんだろうな。彼らのモデルは、たぶん最近またブレークし始めた若手コンビでしょうね。そこを漫画で掘り下げていくというのは深いと思います。
 あとこの最新刊で「おっ!?」って思ったことが。
漫画の単行本って、表紙をめくった内側のところによく作者のコメントが掲載されてるじゃないですか。たいていは身の回りで起きたちょっとした近況報告だったり、それこそほんの一言だったり・・・まぁ、そんなもんですよ。
 でもね。
今回のべしゃり暮らし最新刊には、そのカバーのところが作者からの文章でビッシリ埋め尽くされていたんですよ。
 内容は森田先生の出世作である「ろくでなしブルース」に出てきた「伊太利家」というイタリアンレストランのことでした。ろくでなしブルースは吉祥寺が舞台になっている漫画で、この伊太利家というのは太尊たちがたまり場にしている実在する喫茶店です。漫画を読んでいる人ならば、「はいはい」とすぐに思い浮かぶぐらい、お馴染みの喫茶店。作者の森田先生がアシスタント時代から通い続けていた場所だったようです。
 仕事場を引越したことで店とも疎遠になっていたのですが、今年、そこのご主人が亡くなり、お店も閉めることになったそうです。そこでお店の思い出と主人への思いがカバーコメントで長々とつづられていたんです。
読んでいて、なんだかしんみりしてしまいましたよ。ちなみに僕はこの最新刊を、たまたまなんですけど吉祥寺の喫茶店で読んでいたんですよ。しかも喫茶店「ルノアール」っていうね・笑。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
(↑証拠)
あるあるあーるの、るのあーる、よいしょっ。
べしゃり暮らし、いいっすよ。
べしゃり暮らし 13 (ヤングジャンプコミックス)/森田 まさのり

¥590
Amazon.co.jp
まとめ買いもオススメです。
べしゃり暮らし1-11巻 セット (ヤングジャンプコミックス)/著者不明

¥6,439
Amazon.co.jp
ろくでなしブルースも。
ろくでなしBLUES 全25巻 完結コミックセット(集英社文庫―コミック版)/著者不明

¥15,750
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>