矢島選手と将棋。


 おはようございます。
今日のタイトルは「矢島選手と将棋。」。なんか矢島選手のときは、そんなブログタイトルばっかりですね・笑。
というのも帰り際の矢島選手を取材するときって、たいてい手にニンテンドーDSを持っていたり、漫画本を手にしているんですよ。だから「どうしたの、それ?」とそういう雑談になりやすかったりしま・・・あっ、もちろんちゃんとサッカーの取材もしていますよ(←ここ大事)。
 
 最近は、ケータイで将棋アプリを購入したようで、将棋にはまっているみたいです。
まだ始めたばっかりで戦法もよくわからないから、コンピューターの指してくる手を真似ているのだとか。
 フロンターレでは「宏樹さん(伊藤選手)の棒銀戦法が強いらしい」との噂です・・・そうなのか・笑。
まぁ、棒銀は受け切るのが少し難しいですから、やっかいな戦法ではありますね。
 伊藤選手の棒銀戦法のように、DFの選手が将棋では攻撃的な戦法が好きだったり、FWの選手が相手の攻撃を受ける戦い方を好んだり・・もし選手によってそういう棋風や傾向が見出せたら、なんか面白いかもしれませんな。「小宮山選手はサイドバックだけあって、将棋でも端攻めが好きなのね」とかね・笑。
ちなみに矢島選手を将棋の駒に例えると、重戦車系FWですから「飛車」って感じがします。
・・・・なんだろう、この将棋あるあるみたいなノリは・笑。
 そうだ!!
将棋といえば、先月買った「ひらけ駒!」の3巻を紹介するのを忘れていました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 モーニングで連載されている、プロ棋士を目指す小学生とその母親による将棋漫画です。主人公は子供ではなく、むしろ母親のほうで、将棋初心者同士の心理戦を描いた視点が、斬新かつ絶妙。将棋に詳しくない読者も楽しめますね。実在するプロ棋士や将棋の本なんかも漫画内には登場してくるので、自然と、将棋界に詳しくなれるところもいいですね。
 3巻で「石橋幸緒の将棋レシピ」という本が登場しているのですが、この本はオススメですね。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
僕も持っているのですが、女流棋士の方が将棋の専門用語や序盤の戦い方をすごく丁寧に解説されている良書です。戦法だけではなく、対局中のマナーなども紹介していて、読み物としてもいけます。将棋初心者にもとっつきやすいと思います。
出だし4手で知る石橋幸緒の将棋レシピ―知ると、もっと楽しい将棋・序盤の指し方/石橋 幸緒

¥1,995
Amazon.co.jp
「ひらけ駒!」はまだ3巻までしか出ていないので、いまののちの一気読みもオススメです。
ひらけ駒!(1) (モーニングKC)/南 Q太

¥570
Amazon.co.jp
ひらけ駒!(2) (モーニングKC)/南 Q太

¥570
Amazon.co.jp
ひらけ駒!(3) (モーニングKC)/南 Q太

¥570
Amazon.co.jp
目指せトップ3入り。応援クリック、コツコツよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>