久保くんと久保さん。


 今日は朝からフロンターレの練習取材。
・・・マジ、ハンパねぇ暑さ。代表戦のある関係なのか、今日は取材する記者がほかに誰も居なかったですね。夏休みなので、小学生がたくさん見学に来ていましたけど、暑かったろうに。
 練習見ながら、スカウトの向島建さんと雑談。川崎FのU-10からFCバルセロナの下部組織(カンデラ)入りしたことで話題となっている久保建英選手のことも少し聞かせてもらいました。まだ10歳なので「素材」の段階だとは思いますが、今後の成長が楽しみです。
  天才・久保くんというと、漫画「シュート!」に出てきた久保嘉晴を思い出してしまいます。
まぁ、こっちは「久保さん」って感じですけど。シュートの久保くんは中学時代に西ドイツでプレーしていたという設定でしたっけ?なんつーか、「西ドイツ」という響きに時代を感じますねぇ。
 ちなみに「シュート!」の最終回の舞台は、2010年のワールドカップでした。田仲俊彦がレアル・マドリードで、平松和広がアーセナルで、神谷篤司がユベントスだったりで、日本代表のほとんとが海外組だったはず。当時は「漫画やなー」と思いながら見てましたけど、2011年の現在、宮市がアーセナルで、宇佐美がバイエルンで、香川がドルトムントで・・って現実世界も十分凄いわ(笑)。
 キャプテン翼の翼くんもバルセロナでプレーしてますけど、十年後には、カンデラ育ちの生え抜きバルサプレイヤーが日本人から誕生してる可能性があるかもしれないのか・・・いいじゃない。
さて、昨日買った小宮さんの新刊「名将への挑戦状」の続きを読むとしよう。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
13人のサッカー名監督を読み解いているのだけど、それぞれの哲学やキャラクターをしっかり描写していてかなり面白い内容。
名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~/ヘスス・スアレス

¥1,500
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>