本日の麻生取材〜開幕戦に強い神戸と伊藤宏樹さんから届いたご挨拶。


 本日は麻生取材に。
J1クラブの多くは今日が開幕戦ですが、フロンターレは水曜日にACLが開催された影響で明日が開幕です。ということで、連日取材に行ってきました。
 ACLに勝ったチーム状態でこの開幕戦に臨めること、ホームの等々力で2試合続けて出来ること、などなどもあってチームは至って冷静ですね。必要以上に力み過ぎず、かといって油断する様子もなく・・・選手達も平常心といった印象です。
 そしてこの試合に向けて、その気合いの入り方をチームメートの誰もが認めているのが、古巣戦となる大久保選手です。「俺のモチベーション、半端ないから」と笑って話してましたが、それでいて、「神戸は開幕戦に強いんよ。ほとんど勝っていたはず」と自身の経験を話してくれました。
 実際、神戸の開幕戦の結果を調べてみると、去年は徳島に1-0、2012年はガンバに3-2で勝利、2011年は浦和に1-0・・・・と本当に勝ってるんですね。「J2から上がってきたばかりだし、スタートダッシュを狙っているっしょ」と強く警戒してました。
 フロンターレ自体も神戸とそれほど相性が良いわけではありません。勝負事に「絶対」はありませんから、「去年J2だったチームだから、勝てて当然」などと思わず、気を引き締めて臨む必要がありそうですね。自戒を込めて書いておきます。
-----

 我が家にも届いた、プロモ部の伊藤宏樹さんからのご挨拶ハガキ。
フットボールチャンネルに伊藤宏樹さんのインタビューを掲載してもらいました。
昨季川崎Fを引退、伊藤宏樹の“転職”。J最強のプロモ部での新たな挑戦
インタビューは2月の初出社から数日後に行ったものです。僕のインタビュー原稿を、伊藤さん自身でパソコン作業をしながら、チェック&修正をしてくれました。現在絶賛発売中のフットボールサミットとの連動企画でもあります。まだ読んでない方がいたら、読んでみてください。
早速、明日の等々力ではいつものキッズランドを「ヒロキッズランド」という味わいのあるネーミングにしているみたいです。頑張って欲しいと思います。
フットボールサミットには、プロモ部入社のきっかけにもなった座談会が収録されてます。
フットボールサミット第19回 川崎フロンターレ 夢の等々力劇場 強く、楽しく、愛されるクラブで…/カンゼン

¥1,365
Amazon.co.jp
【Amazon.co.jp限定】情熱を貫く-亡き父との、不屈のサッカー人生 ポストカード付き/朝日新聞出版

¥1,470
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>