7月ラストデイ。


 今日で7月も終わりなんすね。
7月最後の公式戦・浦和戦は0-1で黒星・・・残念。
等々力では勝つのはもちろん、「3ゴールとる」というのがなぜか最近ずっと続いていましたからね(失点数のことは触れません・笑)。ホームでの敗戦は、再開初戦の仙台戦に続き、今年2敗目かー。等々力取材の帰りの電車では、いつも「勝ち原稿をどう書くか、そしてMOMの寸評どうするかなー」と頭を働かせているので、負けでの帰り道はちょっと慣れてなかったりします。たぶんフロンターレサポーターの皆さんもそうでしょうけど。
 試合に関することはエルゴラに書きました。
個人的に気になっているのが、最近のジュニーニョ。プレビューでも奮起を促す原稿を書いたのですが、この日も・・・うーん。前線からの守備をすごくするようになっているし、攻撃のときもボールを持ったときの状況判断は、相変わらずいいんですよ。囲まれているときは無理せずに周りを使うし、1対1ならば仕掛けていく。ああいうプレーの選択を見ていると、やっぱり頭いいなーって思う。
 ただその仕掛けのときに、最近はどうにも相手に引っかかるんですよね。相手をドリブルで抜いていきたいところで止められてしまう。あるいは、シュートを打とうとすると、DFに足を出されて弾かれてしまう。そういう場面がちょっと目立つ気がします。結果的には、それが前線での悪いボールの奪われ方にもつながる局面にもなる。浦和戦の失点もそういう類だと思ってます。
 前からプレスをかけてサイドにボールを出させて、右SB田中裕介が中盤でボールを奪う。素早くジュニーニョにつなぎ、チャンスに。ボールを受けたジュニーニョがDFラインの前で仕掛ける。フェイントでCBをかわしてシュート・・・のはずが、それが足にブロックされる。こぼれ球が相手に拾われて、田中裕介の攻めあがっていた右SBのスペースを柏木に使われる。フロンターレのDFライン背後にアーリークロス。斜めに走りこむマルシオを小宮山が中に絞って対応にしにいくが、そのクリアがオウンゴールに。こういう流れでした。
 捉え方によっては、「シュートのこぼれ球が、運悪く相手に転がってカウンターにつながった」ともいえるのですが、ジュニーニョに関しては、そういう場面に転がる割合がちょっと多い印象なので、なんか気になっています。
細かいかなー、おれ(笑)。ただ人数をかけて崩していく攻撃を志向しているチームだけに、そのへんのリスクマネジメントも大事だと思うんでねぇ。そんなことをブログでツラツラと書いてみました。
7月は白星と黒星が交互に続いて、右肩上がりとはいきませんでした。
でも月が変われば、ツキも変わる。
8月からまた頑張りましょう。
・・・・って、ダラダラしていると、あっという間に2011年も終わっちまうぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>