進撃の巨人を読んだぞ。


 あのー。
ライターたるもの、やはり流行ってやつを敏感に感じ取らねばならないじゃないですか。
いや、むしろ常に敏感でありたいじゃないですか。
そんなわけで、流行を肌でビンビン感じるべく、最近、話題になっているあの本を読んだんですよ。
そう、「この漫画がすごい!」で1位になった漫画『進撃の巨人』です。
・・「おい、そこは水嶋ヒロの小説だろ!」というツッコミをビシビシ感じるけど、ごめん、おれ中年の話とかあんま興味ないんですわ。
んで、『進撃の巨人』なんですけど、持ち前の財力を生かして、一気に全巻を大人買いしましたわ。まぁ、全部で3巻までしか出てないのだけど。そしてビシっと読み倒しましたわ。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 感想としては・・うーん、確かに面白い。うん、面白いのだけど、あまりにも大絶賛されてるもんだったら、もっと衝撃的な面白さなのかと思ってた。そこまでではなかったかなー。読む前にハードルを上げすぎましたね。
 ただね、巨人の描写は怖いわー。夢に出てくるぐらい怖かったわー。なんであんなにグロテスキーなのよ?自分が小学2年生だったら、家の塀を壊して巨人が襲ってるんじゃないと思ったら、夜も眠れなくなってたよ、確実に。50m級が襲ってきたときを思うと、大人になった今でもちょっと怖いもん。15m級とか、2~3m級とかバラバラなのも、何気に怖い。
・・・・よかった、巨人のいない世界に生きてて。
 そういえば、自分が初めて「この漫画がすごい!」を見たのが高校生ぐらいのときで、そのとき紹介されていたのが、「カイジ」でした。まだ初期の「限定ジャンケン」シリーズを連載していた時ね。それで興味を持って3巻まで買って読んだら、一気にハマったんですよ。そして友達に薦めまくった覚えがある(そして、みんな「面白すぎる」って口にする)。カイジの「限定ジャンケン」を読んだ時の衝撃は凄かったなー。あれはしびれたわ。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)/諫山 創

¥440
Amazon.co.jp
進撃の巨人(2) (少年マガジンコミックス)/諫山 創

¥440
Amazon.co.jp
進撃の巨人(3) (少年マガジンコミックス)/諫山 創

¥440
Amazon.co.jp
カイジ(1) (ヤンマガKC (608))/福本 伸行

¥560
Amazon.co.jp
賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)/福本 伸行

¥7,280
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>