最近読んだ本。


 
 こんばんは。
甲府も、ヴェルディも・・・そして川崎も全部負け。なんとも、きっつい週末でした。

いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 この日の小瀬は、観客席だけじゃなく、記者控室もたくさんの人でごった返していました。知り合いの記者もたくさん来ていて、試合後はみな「すごい試合見れた」と興奮していました。ただこっちはね・・・本気で頭を抱え続けていたのですが、「ごうくん、凹み過ぎだよ」と記者仲間になぐさめられました・・・いや、そりゃ凹むっちゅーねん。試合後の取材、原稿書き・・・すべてがつらかった。

 でも、へこたれないけどな。
僕は人生でうまくいかないとき、「これは映画でいえば、2時間40分ぐらいの場面だ。もう一回くらいめちゃくちゃ落ちる場面はあるかもしれないけれど、あとちょっとで感動のエンディングだな」と思いながら頑張るようにしています。

 だから、あと2試合はそんな気分ですよ。それに、試合後に湘南の選手とスタッフが、サポーターと一緒にラインダンスを延々と踊り続けていたからね・・・・まるで昇格が決まったかのようでした。あんな光景を小瀬で見せられたらね・・・・まだだ、まだ終われんよ。

 さて。
ちょっと気を取り直して、最近買った漫画本でも紹介しちゃおうかな。

いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」

「僕の小規模な生活」と「べしゃり暮らし」の最新刊。

 「小規模な生活」のほうは相変わらずな感じだけど、「べしゃり暮らし」は、かなり意外な展開になってきた。まさかこの流れでタイトルとつながってくるとは思わんだな。作者いわく、「ここから本編が始まる」らしいです。オススメ度はかなり高い漫画なので、よければ読んでミソ。

 あと今、電車の中で呼んでいる本はコレ。
西部さんの新刊です。「世界で勝つための戦術論」。

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)/西部 謙司
¥767
Amazon.co.jp
 いろんな戦術本が出てますけど、やっぱり西部さんが一番読みやすいですね。同業者として、サッカーを言葉で書くときのよき手本にさせてもらってます。

 ではでは。

Jリーグは、泣いても笑ってもあと2試合。シーズン取材もラストスパートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>