谷口彰悟選手にロングインタビューしたぞ。



スポンサードリンク




 どうも、いしかわごうです。
本日は練習後にロングインタビューを一本。谷口彰悟選手にお話をうかがいました。

IMG_1715

 こんなポージングですけど、グラビア雑誌の撮影ではありません。サッカーマガジンZONEの取材です。日頃の教育により、こういうポージングも難なくできるイケメンに育ってます。

 ちなみに撮影したカメラマンは、このポーズの考案者でもあります。
IMG_7092

カメラマンの方にこのポーズの誕生秘話を聞くと、「眼」にフォーカスした写真を撮って欲しいとオーダーを編集者から受けていて、このポーズになったのだとか。ふぇー。

 さてインタビューではサッカーの話をガッツリと。
今季のチームのことを聞きつつも、彼の持ち味であるセンターバックとしてのゲームメーク術のこだわりをいろいろと聞かせてもらいました。組み立ての際に、味方の特徴によってボールの出し方や、タイミングを細かく分類している話、あるいは味方がボールをもらおうとしないときの対処法などなど、実に興味深かったです。

 そしてバックアップメンバー入りを果たした日本代表に対する話もいろいろと聞かせてもらいました。

 面白かったのが、メンバー入りしたことを伝えられたときの話ですね。発表の1時間前に庄子GMからケータイに電話がかかってきたそうですが、庄子GMから電話がかかってくることなどないために番号を登録しておらず、知らない番号だったので2回とも電話に出なかったのだとか・・・。結局、やっさん(清水主務)からかかってきた電話に出て、その場にいた庄子GMから「お前、出ろよ」と言われたのだとか・笑。

 長年の後輩・車屋紳太郎選手がバックアップメンバーに選ばれていたこともその電話で知ったそうで「もちろん、『チッ』って舌打ちでしょ?」と冗談で水を向けたら、「いや、『すごいな!』ですよ。付いてこようとしても付いてこられるものじゃないですからね・・・」と(珍しく?)褒めていました。車屋選手とのエピソードについては、本紙のインタビューをお楽しみに、ということで。

このインタビューは今月末に発売する号に掲載されます。どうぞよろしく!

谷口彰悟も登場する「川崎フロンターレあるある」もよろしく!
IMG_5177

ではでは。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>