等々力取材柏戦〜やらないとこうなる前半、やるとこうなる後半。



 柏レイソル戦は1-1のドロー。
いやはや、見応えのあるゲームでした。前半と後半でまったく違う展開になりました。
 前半は、ネルシーニョ監督の策にしてやられた45分だったと思います。
現在の柏は広島や浦和と同じ[3-4-2-1]布陣を採用しています。ビルドアップの仕方も、後ろ3枚で回しつつ、ボランチの大谷選手が降りた4バック気味になって起点を作ろうとするやり方です。特にその大谷選手がボールを運ぶときに浮きやすい(フリーになりやすい)んですよね。
 立ち上がりの5分の失点は、そこの対応が少しハッキリしない段階でやられました。この局面、その大谷選手が前にボールを運んだ時、近い位置にいるのは森谷選手ですが、彼はウィングバックの高山選手も同時にケアしつつの対応なので、アプローチが一歩か二歩は遅れてしまいます。これは森谷選手の問題というよりは、システムの構造上で多少は、仕方がないところ。そして、その瞬間をうまくやられました。
 森谷選手が遅れて大谷選手に食いついたところをウィングバックの高山選手に出される。そのボールには田中裕介選手が出て対応しにいきましたが、タッチライン際には田中順也選手も加勢して来たので、マークしていたパウリーニョもサイドに引き出されました。するとリターンして大谷選手がボールを持つと、パウリーニョを引き出して空けたバイタルエリアにスルスルと持ち運んでゴール前に。
 突破自体はジェシが一度ブロックし、そのこぼれ球を井川選手が食い止めますが、それも粘られてレアンドロの足元に。冷静に左隅に流し込まれて失点です。立ち上がり、ビルドアップのときに浮きやすくなる大谷選手の対応がハッキリしなかったことで、その持ち運びからあっけなく失点を喫してしまいました。開始5分でいきなりのビハインド。リーグ戦では4試合ぶりの失点です。
 ただこの前半の問題は、こちらがボールを持ったときですよね。
ネルシーニョ監督の守備対策が非常にいやらしかったですらね。例えば、トップのレアンドロの位置取り。ジェシと井川選手の間に立つことで、二人のパス交換をさりげなく寸断させて、あえて右のジェシにボールを持たせようとしてました。そして少し強めのプレッシャーをジェシにかけて、田中裕介選手がいる右サイドに展開させてミスを誘う、あるいは右サイドで少し手詰まりにさせてしまう。テンポが出せませんでした。
 逆の左サイドの対応はより巧妙で、谷口選手のところにはシャドーの工藤選手がうまくパスコースを切りながら守っていました。「すごく嫌な位置を取られていました。前半は前に運べなかったですね。後半は少し落ちるだろうと思ってましたが」と谷口選手。山本選手との連係もイマイチなので、前半はなかなか左からは組み立てのテンポが出せませんでした。
 なにより普段であれば、もっと中央のボランチにボールを付けて、真ん中で相手を引きつけてからサイドを効果的に使うのですが、大島選手の不在もあり、真ん中での組み立てがスムーズにいきません。いつもであれば、周囲が気を利かせて打開するのですが、この試合では、パウリーニョ、山本選手の左MF起用、アン選手などいつもとは違う顔ぶれが先発に並びました。彼らが自分の仕事をこなすことに精一杯になるのは仕方がないところで、チーム全体に目を配ったプレーをしろというのは難しいところ。憲剛選手が何度も相手の守備に掴まりかけていたのがその象徴で、味方との距離感が悪くてはボールが裁けずに、相手のプレッシャーをモロに浴びてしまいました。結局、ボールの失い方が悪く、相手にボールを保持される我慢の時間が長い前半でした。
 後半はそこを修正。
まず稲本選手をボランチに投入。ビルドアップのときにセンターバックに落ちて3枚になることで、井川選手とジェシのパス交換を遮断していたレアンドロの仕事を混乱させます。これで後ろのボール回しが改善されました。
 さらにパウリーニョを下げて金久保選手を投入。憲剛選手、森谷選手、金久保選手と相手の間でボールを受けられる選手が二列目にいることで、縦パスがズバズバはいります。「順があれだけボールを受ける何かが起きるような感じがした」と大久保選手。僕も彼のフィット感には驚きましたね。完全にリズムを取り戻し、いつものサッカーに戻りました。
 そして生まれた同点ゴール。圧巻ですね。相手8人が守っている中央の守備を森谷選手、憲剛選手、山本選手の3人だけで崩してしまいました。
「賢太郎は一回ドリブルで向こう側にいったけど、こっちに来ると思って俺はポジションを取ったんだよね」と憲剛選手。森谷選手が密集地帯を避けて展開するのではなく、こっちに向かってパスを出してくれると感じ取っていたようです。さらにその瞬間、憲剛選手からパスが出て来ると予感して飛び出していたボランチの山本選手。高山選手が残っていたからオンサイドだとちゃんと意識していたそうで、冷静にネットを揺らします。いやはや、素晴らしい崩しでした。
 あの得点シーンにチームエッセンスが詰まっていたと憲剛選手は言葉を続けます。
「ゴール裏から見たら相手が8人ぐらいいた。でも3人で崩せちゃう。それをやるかやらないか。相手がいるからサイドに逃げる。それだと前半のサッカーになっちゃう。けど、自分たちは中で崩せるんだからそれをやる。そこで相手が怖がる→攻撃に上がれなくなる→ウチが一方的に押し込む。そして勝つ(笑)。そういうこと。あの試合の前半、後半でよくわかった。やるとこうなるし、やらないとこうなる。高い授業料でしたけど、ビョンジュン、パウロはわかったと思う。それにジュン(金久保選手)のように、やれたたことで自信をつける選手もいる」
 あと個人的にすげぇと思ったのが、試合終盤の西部選手のビッグセーブですね。
ジェシの股の間を抜けてきた田中順也選手の地をはうシュートを見事にストップした場面です。あれに反応するのは予想以上に難しいと思います。たぶん手というよりも指で止めていたようなセービングです。西部選手本人に聞いたら、「自分も全然(軌道が)見えなかったです。それでもかきだしてました。指ですね。指、2本です(笑)」とのことでした。指2本ですか。セービング後、珍しくガッツポーズしてましたもんね。
「ホームだから勝ちたかった」と選手は口を揃えてましたが、個人的には、悪くない勝ち点1だと評価しています。チームは翌日に出発し、明日は中国でのACLです。「中国のアウェイのイメージ?Youtube にアップされないように」と数年前の出来事で自虐ネタを言っていた憲剛選手・笑。Jリーグ勢はアウェイで苦戦してますから、勝ち点を取って来てもらいたいと思います。
憲剛選手のエッセンスが詰まった一冊。
考える習慣/ベースボール・マガジン社

¥1,512
Amazon.co.jp
現在の風間フロンターレを知るには最適の一冊です。
フットボールサミット第19回 川崎フロンターレ 夢の等々力劇場 強く、楽しく、愛されるクラブで…/カンゼン

¥1,404
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>