ユウとジュン。


本日は午後の練習前に、小林悠選手と金久保順選手の対談企画を行いました。

フットボールサミットの選手紹介でも触れていましたが、実は二人は昔からの知り合いだったりします。聞くと、その出会いは小学生時代までさかのぼり、お互いの家に泊まったこともあるのだから、驚きです。ただ二人の出身地やサッカークラブの経歴を見ると、小林選手は東京の町田JFC出身で、金久保選手は茨城の境町FC出身。
・ ・・まるで接点がないのに、一体なぜ???というところを、対談では二人にたくさん話してもらいました。
「僕は小学生時代にパサーだったんですよ。自分が点を取るより、味方に点を取らせる方が好きで・・・誰にも信じてもらえないと思うんですけど・笑」と小林選手が言えば、「本当にそう。大学で悠がFWになってたからビックリした。一体何があったの?」と金久保選手が根掘り葉掘り聞いたりして、掛け合いが面白かったです。金久保選手って普段落ち着いているので、寡黙なタイプなのかと思ったら、おしゃべりでビックリしました。
 パサーからストライカーになった小林選手とは違い、金久保選手は、昔から中盤の選手でプレースタイルもいまと変わっていないのだとか。とにかくお互いの小学生時代のエピソードが豊富で大盛り上がりの対談でしたねぇ。掲載する時にまた告知するので、お楽しみに。
 なお明後日名古屋戦のマッチデープログラムでは、谷口選手と可児選手のルーキー対談が掲載されております。谷口選手は多摩川クラシコでのデビュー前にした対談だったので、試合後にあわてて後日談を追加しました・笑。ぜひお買い求めください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>