神戸戦雑感と将棋でサッカーが面白くなる放送のお知らせ。


 いまさらですが、開幕戦の雑感などを。

 ヴィッセル神戸との開幕戦は2-2。
セットプレーから先制を許す展開も、小林選手、憲剛選手が加点してあっさりと逆転に成功。どちらのゴールも、右サイドを攻め込んだ形でした。中央の大久保選手、左のレナトを対戦相手はかなり警戒していたので、そこで手薄になりがちな右サイドを攻略しての得点、という意味でも大きかったと思います。しかしゲームをクローズすることができず、終了直前に失点。勝ち切れませんでした。
 試合後の選手達の口からは「勝てた試合でした」と反省の言葉。中でもクローザーの役割も兼ねてピッチに入った山本真希選手はとても悔しそうでした。去年は不動のスタメンでしたが、現在はパウリーニョ&大島選手がファーストチョイスのため、ベンチスタート。ACLも出番がなく、今年初出場も痛恨の失点。「自分がスライディングをした横の場所に、ボールを出されました。あの場面でもっと我慢できていれば・・・」と本当に悔しそうにしていました。思うこともありますが、これもすべて次に向かう課題とエネルギーにしてもらうしかありません。
 引き分けでこれだけ悔しい試合というのも久しぶりですね。というか、公式戦での引き分け自体が久しぶりなんですよね。調べてみたら、去年8月のセレッソ戦(0-0)以来の引き分けでした・・・って半年以上前かよ!!
 さて。
試合前、フロンパークをウロウロしていたら、イケメンダンクが新バージョンになってました。

あのセンターのお方、「Jリーグで一番ブサイク(byパウリーニョ)」だけど、大丈夫ですか・笑。
—-
 今日は日本代表戦ですね。
このニュージーランド戦の試合実況&解説を、将棋のプロ棋士が行うという企画がニコ生で行われます。野月七段によれば、「副音声的なノリだと思うので、興味のある方は気楽な気持ちで視聴いただけたら幸いです」とのことです。テレビ中継の傍らでニコ生で楽しんで一緒に楽しんでもらえうようなスタンスですね。
僕の記事です。企画の紹介と、野月七段に見所を語ってもらいました。将棋がわからないサッカーファンが見ても楽しめる放送になると思います。
待ち時間なしで大丈夫か? 5日の日本代表戦をプロ棋士がサッカー実況&解説!
こちらはサッカーキングさんの記事。
ニコニコ生放送でニュージランド戦を将棋プロ棋士が解説…将棋盤とサッカーの共通点は?

視聴者プレゼント用として、「将棋でサッカーが面白くなる本」に僕のサインを入れてきましたよ。みなさん、ぜひ応募してくださいね。
もし将棋とサッカーに興味を持ったら、ぜひ本を読んでみてください。駒を選手に例えたら、戦術を戦法に置き換えて説明しているので、面白いよ!!
将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門/朝日新聞出版

¥1,470
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>