ビエルサの狂気


こんにちは。
サッカー本ソムリエ・いしかわごうです。
 本日紹介するサッカー本はこちら。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 ついにでた、奇人・ビエルサの本です。
ビエルサ好きとしては買わねばなりません。ただマニアック過ぎるのでしょうか。モウリーニョやペップの本が華々しく平積みされているのとは対照的に、新刊にも関わらず、本棚にちょこんと差し込まれており探すのに大変苦労しました。
 このおっさんは、とんでもない戦術マニアです。ビエルサの有名な言葉があります。

「自分はこれまで2万5千試合のビデオを分析したが、サッカーの歴史上戦術というのは28種類しかなく、そのうち19種類は守備的なもので、残りは攻撃的なものだ」

 2万5千試合って、どんだけサッカー観ているんですか、という話ですよ。ちなみにこの言葉には、「だから守備的なサッカーはつまらない。俺は攻撃サッカーを追求していきたいんだ」みたいな意味が含まれています。
 さて、この本の内容ですが、戦術的に掘り下げたような分析は少なく、人間・ビエルサという人物像に迫るエピソードを中心に構成されてます。
 ビエルサは個別インタビューを受けないことで有名なので、この本に出てくる言葉も独占インタビューでのものではありません。ゆえに人物像の迫り方も、監督会見での記者とのやりとりであったり、彼を長年サポートしている右腕となるスタッフの背景や証言、あるいは活字中毒のあまり新聞スタンド(キオスク)の経営権を買ってしまったとか、そういうアプローチをしながら、素顔を紹介していく内容です。2年目を迎える昨オフの契約更新で「近所のレンタルビデオショップの会員を更新した」とかいうほんの小さな情報でビルバオのサポーターが大喜びした話は有名ですね。
 サッカーに対して、ここまで純粋な監督も珍しいですね。あらためて変人だと思いました・笑。
 個人的には、もっとピッチ内の戦術論を言及して欲しかったかな。せっかくビエルサを扱うのだから、読み応えという部分でちょっと残念でした。
ただ、マニアしか買わないであろうビエルサの本を出版したという勇気に拍手をおくりたいですね。
ビエルサの狂気―知られざる戦術マニアの素顔/ベースボールマガジン社

¥1,470
Amazon.co.jp
「名将への挑戦状」では、ビエルサも出てきます。こちらはかなり鋭く批評しています。
名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~/東邦出版

¥1,500
Amazon.co.jp
欧州サッカー 名将への挑戦状/東邦出版

¥1,500
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>