日立台取材。


フロンターレは、一日遅れの開幕戦でした。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 結果は1-3で敗戦。
たぶん柏からすれば、狙い通りの試合運びだったのではないでしょうか。そのぐらい「してやられた感じ」を受けました。そして記者席の後ろで見ていたおやじの野次がうるさかったです・笑。
 まず柏の守備は、フロンターレが安直にロングボールを蹴ってこないことを見越していたのでしょう。最終ラインから中盤に入る瞬間に目を光らせて、ボールを刈り取ることを狙っていました。
 それが開始5分の失点シーン。
中盤で森谷選手が相手をかわせずにボールロスト。そのショートカウンターに対してはこちらの人数は揃っていたのですが、レアンドロとクレオのコンビに交わされて決められます。
 前半は、足元パスが多く、リズムも出ませんでしたね。
柏は中盤をコンパクトにしてきているので、その中盤をすっ飛ばしてロングボールを相手の背後に入れるなど、少し相手の陣形を間延びさせてからまたショートパスを入れていくなどの組み立ての工夫も欲しかったところです。ただロングボールの競り合いだと、小林選手では鈴木選手に対して分が悪かったですし、開幕戦という、ある意味で“お披露目“の立ち上がりだったこともあってか、みなチームのスタイルを忠実にやろうとし過ぎていたのかもしれません。
 それでも憲剛選手がいたら、中盤で起点となってアクセントをつけていたのでしょうが、体調不良で欠場。迫力不足は否めません。となると、サイドから崩すしかないのですが、打開策の急先鋒であるレナトには新戦力の右SB・キム・チャンスが自陣ではマンマーク気味にガッチリと対応。まわりのサポート意識も徹底しており、ボランチの茨田選手、CB鈴木選手のキム・チャンスのカバーリングも徹底していました。
 とにかくレナトを縦に突破させないように素早く数的優位を作って囲んでいました。中に切り込まれる分には、真ん中を分厚く密集させてそこで食い止めればいい、という算段だったように見えました。ここはネルシーニョの狙いでしょうな。前半のレナト、自分の仕事ができませんでした。
 後半は矢島選手が中央に入ったことで変化が生まれ、多少の揺さぶりもできていたのですが、その矢先に、もったいない失点。レナトのボールロストから、素早いショートカウンター。ここでの中澤選手とクレオの交錯シーンを巡る判定は、いろいろ言いたいところだけど、どっちの立場で見るかで評価が変わってしまうとしか言いようがありません。
 それよりも気になったのが、今年は最終ラインを去年より高めに設定している点。現在の中澤&井川のCBコンビは、スピード自慢のタイプではありません。前半にも西部選手がゴールマウスを飛び出してヘディングでクリアする場面がありましたが、去年より高めに設定している最終ラインの背後を狙われたときのケアをどうするのか。まだ対応がちょっとクリアになっていない印象を受けました。練習試合では露呈しなかった部分が、公式戦になってわかることもあります。この2失点目を今後の授業料として欲しいところです。
 3失点目は、直接的には稲本選手のパスミスから招いたもの。ですが、2点を追いかけるという状況にみな気持ちが前がかりになっていて、後ろでボールを持った稲本選手が出し所に困っていたようにも見えました。
 スコアほどの差はない試合に見えましたが、負けは負けですし、たぶん柏としても割り切っていた戦い方だったことでしょう。後ろの最終ラインと菅野選手が構えるゴールマウスは堅かった。特に新潟から移籍してきたCB鈴木選手はいい補強ですね。
 取材を終えた後、「最近、日立台からの帰り道はいつもつらいな・・・」と思いながら、柏駅までとぼとぼと歩いて帰りましたが、まだ開幕戦が終わったばかりです。
 20周年のJリーグ、楽しんでいきましょう。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
(プレスルームでもらったステッカー)
エルゴラッソ Jリーグプレイヤーズガイド2013 2013年 03月号 [雑誌]/スクワッド

¥520
Amazon.co.jp
Jリーグ全40クラブ選手名鑑2013 (COSMIC MOOK)/コスミック出版

¥500
Amazon.co.jp
サッカーマガジン増刊 2013J1&J2リーグ選手名鑑 2013年 3/11号 [雑誌]/ベースボール・マガジン社

¥950
Amazon.co.jp
J1&J2選手名鑑 2013 (NSK MOOK)/日本スポーツ企画出版社

¥950
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>