オフロスキーに川崎フロンターレが登場。


 昨日、川崎フロンターレが登場した「オフロスキー」のかぞえうた。麻生取材に行く前にバッチリ見ておきました。
 麻生グラウンドに現れて踊るオフロスキー。
その後ろでは、明日開幕してもいけるぐらいの鋭いキレ味を見せるセンターの「なかむらけんご」せんしゅ、右で、少し照れながら踊る姿がキュートな「おおしまりょうた」せんしゅ、左では、いつものスマイル全開で踊る姿に好感が持てる「ジェシ」せんしゅというトリオでした。

 実に微笑ましかったですね。
昨日の午前練習後、ジェシ選手をみかけたので「ダンス、グッドだったよ」と話しかけてみました。「ダンス?」みたいな表情をしたので、近くにあったオフロスキーのポスターを指差すと伝わったみたいでちょっと照れてました。
 大島選手にはインタビューの載っているエルゴラを渡すことに精一杯で、渡すときにオフロスキーの話題を振るのをうっかり忘れてしまい反省。
憲剛選手とはタイミングが合わなくて取材できず。オフロスキーファンだというお子さんたちもすごく喜んでくれたんじゃないでしょうか。
 ツイッター上での反応を見ていると、サッカーに詳しくないオフロスキーファンは、「なんでサッカー選手が?川崎フロンターレ?あっ、フロだから?」で、たまたま見ていたサッカーファンは「フロンターレが『また』コラボしてる!!」みたいな反応でしたね。さすがはNHK。反響がすごいですね。
そもそもですが、今回出演したオフロスキーとは、3年前からオフシーズンに行っている「いっしょにおフロんた~れ」という企画の一環でのコラボです。
例えば川崎市にある銭湯・高津湯さんは、中村憲剛選手がオフロスキーの弟分・オフロンスキーに扮して、銭湯内がその仕様になっています。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
この銭湯企画のいきさつについては川崎フロンターレプロモーション部・天野部長の特別エッセイ集「クラブ名にフロがつくのはウチだけなんです」という小冊子にまとめられてます。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
僕が構成を協力させていただきました。
例えば今回のオフロスキーとのコラボ企画までのいきさつも、どこよりも詳しく語っています。ほんの一部ですが、「なぜ憲剛選手がオフロンスキーになったのか」の部分を紹介しますね。


ピンク色のオフロスキーがいるのならば、水色のオフロスキーがいたら、オリジナリティが出る。実はNHKとの最初の打ち合わせのときに、オフロスキーを水色に変えて、顔をケンゴに変えた合成写真を忍ばせていた。そして「ン」の文字を入れた「オフロンスキー」を展開していきたいと。
ただこれにはNHK担当者が難色を示した。水色をよしとすると、いろんな色のオフロスキーが出てしまう可能性がある。そういう前例を作ってしまうわけにはいかない。しかし結局、オフロスキーとオフロンスキーが番組内で共演しないという条件付きでOKがもらえた。
 次にこのキャラクターを誰がするのか。
ここはミスター・フロンターレこと中村憲剛しかいないでしょう。実はケンゴは今年でフロンターレに入って10年目。つまり、僕と2人でいろんな取り組みを始めて10年になる。そこで「面白いことやろうよ。AmanoとKengoの爆笑企画の10年目だから、AKB10をやろうよ、オフロスキーを絡めてさ」と伝えてね。すると、ケンゴがオフロスキーの大ファンで、「子供も大好きです!オフロスキーの弟になれるの?やる、やる」と喜んでくれて、話はトントン拍子に進んでいった。ケンゴには小さい子供が2人おり、奥さんも含めてみんな「みいつけた!」の大ファン。中村家あげての企画実行完全バックアップ体制が整った。
 改めて思うけど、中村憲剛の誰にでも愛されるあのキャラクターは天性のものがある。
彼がフロンターレに入団した2003年、背番号26番の頃からその要素を持っていたし、誰に対しても親しげな性格は変わっていない。新人時代の商店街回りから年配者から親しげに話しかけられていたし、サポーターからは早くも「ケンゴ」と下の名前で呼ばれていた。自然に人を引きつける力があるんだろうね。
僕の企画に協力してもらうときも、たまに「アマノ企画はこわいよー」と言いってくるけど、目的と理由をこちらが説明すればちゃんとやってくれる。それにクラブの「長老」である彼がやると、下の世代もそれを見てしっかりとやる。「サッカー選手はサッカーだけやっていればいいわけじゃない」ということをケンゴが示してくれている。どんなにいい企画でもそれを成功させるのは体現する選手あってのもの。プロサッカークラブは強化と事業の二輪車で動いてくれる事をしっかりわかってくれているケンゴは僕のよき理解者だ。
 さて。
ケンゴ扮するオフロンスキーの登場は決まったけど、着用する水色の衣装は自分たちで製作しなくてはならない。最初はNHKの衣装部に作って欲しいとお願いしたのだけど、かなりのコストがかかることがわかった。さすがにその金額は無理だ、予算がない。
ならば、どうするか。そんなとき、フロンターレに救いの手を差し伸べてくれるのは、地域のネットワーク。フロンターレのクラブイベントをいつも助けてくれる西丸小学校・元PTAの大枝さんに相談。イッツアスモウワールドの餅つきや、ファン感謝デーのときに出店した相馬直樹監督の走馬灯アロマキャンドル企画にも協力してくれた、すごく人脈のあるお母さんだ。早速、手芸が得意なお母さんたちに声をかけて、即席の「衣装部」を結成してくれた。
採寸から型取り、縫合すべてを担当してくれて、世界にひとつしかないオフロンスキーの衣装が完成。そのクオリティの高さにケンゴも「すごく動きやすいしカッコイイ!」と大絶賛。衣装制作費もたいした額はかかわっておらず、すばらしいの一言!
 手芸を手伝ってくれたお母さんたちは、サッカーのことは全然知らないし、フロンターレの試合も来たことはない。今回の企画でフロンターレと触れた事でクラブに興味を持ち、2013年のフロンターレ後援会員に入会してくれた。企画を通して関わった方々がフロンターレに興味を持ってくれることほどうれしい事はない。お金だけの関係からでは生まれないものがそこにはあるから。

これ以上紹介するとあれなので、ここでやめておきます・笑。
ちなみにこの小冊子は非売品。川崎市にあるオフロンスキー仕様の銭湯・高津湯さんのすぐ横にあるフロンターレサポートショップ・鉄板焼き「縁ぐま亭(えにぐまてい)に置いてます。そこで読めるので、料理を注文している間にでもぜひ読んでみてくださいね。「もっと沢山のお店に置けばよかったー」と天野さんが悔やむほどいい出来です・笑。
天野部長は企画の本も出しているので、興味ある方はぜひどうぞ。
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/小学館

¥1,470
Amazon.co.jp
そしてオフロスキーグッズってこんなたくさん出てるんすね。びっくりした!
NHKDVD みいつけた! よんだ?オフロスキー/日本コロムビア

¥2,940
Amazon.co.jp
みいつけた! なっちゃおうオフロスキー/セガトイズ

¥3,675
Amazon.co.jp
みいつけた! なりきりタオル オフロスキー/エンスカイ

¥2,940
Amazon.co.jp
みいつけた! ぬいぐるみ S オフロスキー/セガトイズ

¥1,260
Amazon.co.jp
みいつけた!クリーナーマスコット オフロスキー/イワヤ

¥735
Amazon.co.jp
オフロンスキー・中村憲剛選手の本も。
永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語/森沢 明夫

¥1,575
Amazon.co.jp
中村憲剛のスルーパスの極意 (トップアスリートKAMIWAZAプレミアム)/中村 憲剛

¥1,575
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>