「ハダカノタイヨウ」と「ブラックジャック創作秘話2」。


最近読んだ漫画本です。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
「ハダカノタイヨウ」と「ブラックジャック創作秘話2」。
 偶然にも、出版社はどちらも秋田書店でした。「ナリキン!」でお馴染みの秋田書店です(念押し)。
 「ハダカノタイヨウ」は漫画家を目指す高校生の話です。バクマンみたいな感じで面白そうなのかなーと思い、手に取って買ってみました。バリバリにプロを目指す一直線の物語ではなく、目指すかどうかを悩んでいる一般人の主人公が、漫画研究会のメンバーに振り回されながら成長していく日常の物語なのかな。
 まだ1巻ですから、これからどうなっていくのかが楽しみ。姉崎さんのキャラ、嫌いじゃないぜ。
「ブラックジャック創作秘話2」は、2012年の「このマンガすごい!」にも選ばれた同タイトルの続編です。
 漫画家・手塚治虫の仕事現場回顧録といったところでしょうか。
相変わらずの尋常じゃない多忙ぶりと、漫画にかける情熱にはただただ圧巻。そして各社の手塚番同士によるせめぎ合い、駆け引きが凄まじいです。
 漫画という枠を超えて「仕事とは何か」という問いを強烈に訴えかけてきますね。そういう意味でも、考えさせられる内容です。ちなみにタイトルにある「ブラックジャック」の話題は、あまり出てきません。
 前回は歴代の編集者による回想が中心でしたが、今回は大物漫画家もわりと登場していますね。銀河鉄道999の松本零士、コブラの寺沢武一などなど。藤子不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎のトキワ荘メンバーも出てきました。あとここに出てきた少女クラブの新井さんは、たぶんまんが道にも出てきた新井さんと同一人物なんだろうな。なんかうれしかったです。
 これを読むと、仕事に気合いが入りますね。「忙しい」なんて、とてもじゃないけど言えないですよ。第1巻が2012年の「このマンガすごい!」にも選ばれてますし、内容は保証しますよ。
ハダカノタイヨウ 1 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ブラック・ジャック創作(秘)話~手塚治虫の仕事場から~ 2 (少年チャンピオン・コミックスエク…/秋田書店

¥680
Amazon.co.jp
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)/秋田書店

¥680
Amazon.co.jp
ブラックジャック 新装版 全17巻/秋田書店

¥9,175
Amazon.co.jp
ブラック・ジャック 全17巻完結(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]/秋田書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>