「20年後の君へ」で忽那汐里が演じていたのは・・・・。


 日曜日(7月1日)の夜、TBSで「20年後の君へ」というドラマ特番が流れていました。「NTTドコモ20周年記念スペシャルドラマ」で企画されていたものだそうです。
そのなかで、忽那汐里が「メイドイン バングラディシュのバッグを作りたい」という女性の役を演じていたんです。
・・・・これって、まんまマザーハウスの山口絵理子さんじゃん!と思ってみていたら、やはり彼女をモデルにしていたようでした。
http://www.tbs.co.jp/20nengo/special/yamaguchi.html
 以前も紹介したことありますが、山口さんは、年間の半分以上をバングラデシュとネパールで過ごしながら商品開発を行っている女性企業家です。
 あれは4年前の「情熱大陸」だったかな。
バックデザイナーとしてバングラディッシュで奮闘している様子が放送されていたました。
お金を持ち逃げされたり、現地の仲間に裏切られたり、さまざまな困難に遭いながらも、「この国に人々だってできる」と、たくましく活動していくその姿。笑顔がステキなごく普通の26歳ですが、その行動力や発言に、人間としての芯の強さを感じてすごく印象的だった。情熱大陸マニアな自分の中でも、いまだにベスト3に入るぐらいのインパクトで、DVDに焼いてしっかり保存しております。
 実は一度、お話をさせてもらったことがあるのだけど、「えっ?本当にこの人なの?」って思うぐらい、普段は物腰がやわらかくてビックリ。なんかすごく不思議な方でした。
・・・でもドラマのモデルになるなんて、すごいっすね。
彼女の自伝も出ています。オススメです。
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)/講談社

¥1,470
Amazon.co.jp
裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)/講談社

¥1,400
Amazon.co.jp
こちらはエッセー集。彼女の考えがいろいろ綴られています。
自分思考/講談社

¥1,300
Amazon.co.jp

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>