本日のエルゴラ(相馬フロンターレ、突然の終焉)。


本日のエルゴラです。
「川崎Fの激震。相馬フロンターレ、突然の終焉」
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
相馬フロンターレについて、ここまでの軌跡を振り返りながら、総括しております。もちろんガンバ大阪戦のプレビューも掲載されておりますし、望月代行監督のコメントも掲載されております。
 正直、この二日間は自分自身もノンストップの日々でしたね。少し振り返ってみようと思います。
 まず相馬監督の契約解除がクラブから発表されたのは、11日水曜日。
フロントから本人に言い渡されたのは、その前日火曜日だったとのこと。選手には水曜の午前練習前のミーティングで伝えられ、その場で相馬監督本人から挨拶があったようです。そして練習が始まってしばらくしてから、相馬監督はクラブハウスを出て行きました。駐車場で相馬監督の最後の囲み取材を行ったわけですが、まだ朝も早かったですし、突然の契約解除だったため、他に記者はほとんどいません。
 相馬監督は冷静でした。
いろいろ聞きたかったことはありましたが、こちらも動揺していたので、なかなか言葉が出てきません。目指すチームの方向性が迷走していたとは思いません。詳しくは今日のエルゴラに書きましたが、相馬監督自身も「チーム作りは間違っているとは思わなかった」と振り返っていました。そして「ただ、今の時期として、満足させる結果を出すことができなかった」とも付け加えています。
 契約解除を言い渡されてから一夜明けていたとはいえ、相馬監督の中にもいろんな感情があったとは思います。それでも恨み節や苦言をこちらに漏らすこともなく、終始淡々と話してくれました。残念ながらプロのサッカー監督として今回は結果を出すことができませんでしたが、去り際の美学と言いますか、そこにはプロフェッショルを感じましたね。
 囲み取材を終え、「ありがとうございました」とこちらが手を差し伸べると、力強く握手を返してくれました。今後については「また縁があれば、サッカーの世界でやりたいと思ってます」とのこと。車に乗り込んで出発するまで見送りしようとしていたら、「見送りはしなくていいですよ」と苦笑いしていました。相馬さん、お疲れ様でした。
 いやー、この二日間は本当に怒涛の日々でしたね。
ただすぐに試合はやってきます。明日は万博でガンバ戦。僕も取材に行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>