平塚取材雑記。


 昨日は平塚競技場で取材。
J2開幕戦の湘南対京都の一戦でした。極寒でしたわ。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 京都はいつも通りのパスサッカー。
狭い局面でもショートパスをポンポンつないでいく。対する湘南は、もう少し構えて守るのかな、と思いきやボールに対してアグレッシブに挑んでいった。お互いに球際が激しく、特に中盤での攻防が実に見応えあった。そしてその中盤での奪い合いで「京都側のファウルでは?」という場面があり、湘南は動きを止めてしまいました。しかし笛はならず、中山選手が決めて先制。
 その後は京都が面白いようにボールをつなぎ、ゲームをコントロール。リードされているときにあの細かいボール回しをされると、負けているほうはストレスを感じるでしょうね。しかしちょっとしたミスからカウンターを喰らい、秋本選手が痛恨のクリアミス。そこを見逃さず、岩上選手が押し込んで同点。
 後半は一進一退でした。
ハーフタイムの大木監督のコメント「迷ったら横じゃない、前だ!」にしびれる。とにかくゲームが途切れなかったですね。だって後半のロスタイムが2分でしたからね。それだけプレーオンの時間が長かったということです。両チーム、しっかりサッカーをプレーし続けたということなのでしょう。
そして終盤、どうしても勝ち点3の欲しい京都は前傾姿勢に。逆に湘南がカウンターから決定機を二度作り出すも、菊池選手がホームランをかっとばしてしまい、得点が生まれず。しかしロスタイム、その菊池選手が抜け出して決勝弾。劇的な一撃で湘南が昇格候補の京都を撃破しました。
 試合後の会見が終わった後、大木監督とちょっとだけ話させてもらいました。
試合のことをモロモロ聞いた後、「チームの前評判が高いから、やりにくさもあるんじゃないんですか?」とふってみたら「なーに、まわりの期待が高かろうと低かろうと、やることは変わんねーよ」と相変わらずの大木節でした。
 ついでにオジーのことも少し聞いてみました。
実は今度、アルディレス監督にインタビューをするのですが、オジーが清水の監督時代、大木さんはコーチとして在籍していて、非常に影響を受けたと言ってました。オジーのことを聞いたらすごく笑顔になってましたね。「そりゃそうさ。オジーがいなかったら、俺はここにいないよー」とまで言い切っていました。すごいなー。「オジーによろしく言っておいてよ」と笑ってました。
今年のJ2は、いろいろと楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>