多摩川クラシコ “ガチ”トークバトルを見た。


 ニコニコ生放送で中継された川崎フロンターレ×FC東京 多摩川クラシコ “ガチ”トークバトル!! 第2部から見てました。
 第2部は、フロンターレ側の中西哲生・佐原秀樹 、FC東京側の藤山竜仁・加賀見健介が選ぶ歴代ベストイレブンを紹介しながら、サポーターからの投票結果も見ながら、あーだこーだ盛り上がる感じでした。
 フロンターレ側のベストイレブンでは、センターラインにケンゴ選手、伊藤選手、川島選手あたりはやはり鉄板。FWは我那覇選手、ジュニーニョ、テセ選手を組み合わせる感じですね。中西さんが、歴代のそうそうたる顔ぶれのなかに田坂選手を右MFに選出していたのが驚きだったかな。「フロンターレの今後を担ってほしい選手なので」とすごく期待しているようです。
あとは、さりげなくドイツから応募してきたテセ選手の歴代ベストイレブンも発表されていたり・・・・ちゃっかりしてるなー。FWにフッキが入ってました・笑。
 「対戦したときに嫌だった選手」という質問では、失点に関する苦い思い出が多かったですね。特に多摩川クラシコはゴールがたくさん入るカードでもありますし、よくよく考えたら、今回の主演者ってDF出身者の割合が多いんですよね。
中西さんは、全盛期のアマラオを挙げて「試合前、一番警戒していたのに4点ぶち込まれたんですよ」と力説し、藤山さんも0-7で負けた試合をあげて「テセくんがシュートを打てば入るみたいな感じになってて・・・もう前半でサッカーをやめたくなった」みたいな、DFとしてトラウマになってそうな体験を明かしてました。ちなみに加賀見さんは「中西さんが嫌でした。試合中に話しかけてくるから・笑」。
サポーターの投票によるベストイレブンや、「相手チームのこの選手が欲しい」、「ここがうらやましい!」などでは、FC東京側から「フードパークがうらやましい!」との声も・・・・やはりそこなんですね・笑。ちゃんこ鍋とか美味っすよ。
新体制発表会見のときは、現場にいたのでニコ動の雰囲気がよくわからなかったのですが、今回は普通にイチ視聴者としてリアルタイムで楽しませてもらいました。第2弾も成功だったのではないでしょうか。
フロンターレのプロモーションの秘密はこの本に書かれています。かなりオススメです。
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/天野 春果

¥1,470
Amazon.co.jp

サッカー ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>