情熱大陸・井岡一翔。

 年末年始に撮り貯めていたテレビ番組を観て過ごしております。
 面白かったのは、元日に放送された情熱大陸。ボクシングのWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔でした。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
TBSが大晦日に井岡選手の世界戦を中継した関係もあっての密着だったと思いますが、近年の年末年始の情熱大陸はわりとボクシングを扱っている印象です。2009年と2010年の年末は長谷川穂積選手でした(なお08年末のスペシャルは、将棋の羽生善治対渡辺明の竜王戦密着だったはず)。
 ボクサーのドキュメントって、過酷なトレーニングや減量の様子などが垣間見れるので、やっぱり面白いんですよ。
 井岡選手は、すごく自然体で好感を抱いてしまう青年でした。
ボクシング界の未来を担っている存在であることを自覚しながらも、あんなに自然体で振舞えるのはすごい、の一言です。世界戦を控えて緊張感は高まっているだろうし、減量でピリピリしていてもおかしくないのに、試合直前でもテレビカメラに対して、あんなにナーバスにならないボクサーって珍しいんじゃないだろうか。それでいて、めちゃくちゃ強い。今回の世界戦も1RでTKO勝ちしました。
 世界戦に向けたトレーニング後、彼はこんな印象的な言葉を言っていた。
「ボクシングは、次 頑張ろうがないスポーツだと僕は思っている。 負けて明日から頑張ろうという切り替えも大事かもしれないですけど、そう簡単に次 頑張ったらいいっていえるスポーツではない。負けた1回の反動がすごく大きい」
 重いなー・・・そして深い。
プロボクシングという競技性と言ってしまえばそれまでですが、「次頑張ろう」がないスポーツと言われると、ズシリと感じました。1つの勝負にかける準備と、そこで振り分けられる勝ちか負けかの重要性を強く物語っています。
 勝って終わり良しで、いいドキュメントでした。
 
あと井岡というと、僕ら世代はろくでなしブルースに出てくる竹刀振り回しているパンチパーマ(のヅラ)の先生を思い出してしまいますね。
 実際、このキャラクターの名前の由来は、叔父で世界王座2階級制覇を達成した井岡弘樹なんだけども。自宅の冷蔵庫にローマ教皇から渡された電話番号の紙が貼ってある井岡弘樹さんね・笑。(この話は「コバヤシケンドーのすべらない話」のDVDに収録されてます)
コバヤシケンドーのすべらない話 [DVD]/ケンドーコバヤシ,陣内 智則,高橋 茂雄(サバンナ)

¥2,980
Amazon.co.jp
あと「痛快!ビッグダディ」は・・・・なんかひさびさに見たら、ダディ一家が奄美から引越しして、さらに再婚して、年末に子供が生まれてた。相変わらず、どのへんが痛快なのかわからないが、見てしまうな、オイ。... 記事を読む

情熱大陸・デーブ・スペクター。

今回の情熱大陸は、デーブ・スペクター。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 くだらないダジャレばかり言っているコメンテーターの知られざる日常に密着していました。
旬の人や無名の人を取り上げるのもいいですが、こういう「知っているようでよく知らない人」に密着するのもいいですよね。そして冒頭、街の若い子からの「コメディアン?」、「何をやってるかわからない」、「偉業ないよね」の声・・・・ひどい・笑。
 彼の本業は放送プロデューサー。
海外のオモシロ映像、衝撃映像を買い付けて、それを日本の放送局に紹介するのを生業としている。その仕事ぶりを伝えていました。日常では、髪を金髪に染めてることや奥様との仲むつまじい様子も。
 後半は、少しマジメなデーブでしたね。
東日本大震災後、彼の中で何が変わったのか。不謹慎ムードの中でもツイッターで失笑をかうダジャレをつぶやき続けたこと。そして海外のテレビに電話で出演し、震災時の日本人の素晴らしさを伝え続けていた彼の姿には、知られざる一面を見た気がしました。
 そして最後は、やはりデーブらしい締め方。意外と面白かったです・笑。
デーブのクールギャグを楽しみたい人はこの本で。
いつも心にクールギャグを/デーブ スペクター

¥1,260
Amazon.co.jp
人気ブログランキングへ... 記事を読む

情熱大陸・立川談志。

今回の情熱大陸は「緊急追悼企画・立川談志」でした。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
  本来は「珍獣ドクター」こと獣医の田向健一の放送だったそうです。それを急遽変更し、11月21日に喉頭ガンで亡くなった落語家・立川談志の追悼企画が放送されました。過去放送された特集(99年と06年)をもとにした当時の映像や、爆笑問題と競演した「情熱大陸×らくご」の舞台裏なんかが中心でした。
 追悼番組というと、どうしても泣かせる内容になるのが普通ですが、放送禁止用語を連発する姿や、アメのエピソード、パンツを穿いたら俺は正装などなど、そっちの顔を見せていましたね。
 昨年の「情熱大陸×らくご」で落語を終えて楽屋で着替えているときも、具志堅さんのマネなのか、パンチを構えて「なんか文句あるんのかい?」とひょうひょうと言い放い、番組のラストも軽快なジャズが流れてエンドになりました。
 最後まで泣かせようとする演出にしなかったのは、それはそれでよかったと思います。
 立川談志の落語は、やはり聞きたくなりますね。
 DVDボックスも、急激に売れているようです。
興味のあるかたは、売り切れる前にチェックしてみてはどうでしょうか。
立川談志 古典落語特選 DVD-BOX/立川談志

¥19,950
Amazon.co.jp
立川談志 ひとり会 落語ライブ ’92~’93 DVD-BOX 第一期/立川談志

¥23,940
Amazon.co.jp
談志大全 (上) DVD-BOX 立川談志 古典落語ライブ 2001~2007/立川談志

¥39,900
Amazon.co.jp
爆笑問題・太田光との絡みはこちら。
笑う超人 立川談志×太田光 [DVD]/立川談志,太田光

¥3,990
Amazon.co.jp
 関連ブログ記事はこちら。
「ボクらの時代」 斉藤和義×立川談春×千原ジュニア ... 記事を読む

情熱大陸・長谷部誠。

「情熱大陸」の2週連続サッカー日本代表特集。先週の李忠成選手に続いて、今回は日本代表のキャプテン・長谷部誠選手でした。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 長谷部選手の魅力が伝わる、いい内容でしたね。
「選手として突出したテクニックはない」と自身を評価する彼が、なぜドイツ一部リーグで活躍できるのか。ピッチ内での振る舞い、ピッチ外での過ごし方から、「凡人のキャプテンシー」に迫っていました。番組の紹介と感想でも。
 練習では、外国人の体格差のハンデを工夫しながらトレーニングに励み、練習後はファンサービスをテキパキとこなし、チームメートを食事に誘ってコミュニケーション。そして3LDKの自宅でくつろいでいる姿を紹介していました。
本邦初公開という秘密の長谷部ノートも公開。
 
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
・トレーニングノート・・・・日ごろのトレーニングを書いておく。イラストや図もふんだんに盛り込んでいる。
・監督ノート・・・引退したら、サッカーの監督をやりたいという目標があるため、その準備として2年前から開始。自分が出会った監督が、チームをどうマネジメントしているのかを記録。他の選手に聞いた他の監督の練習方法や本屋テレビで見たサッカー以外のスポーツの練習方法も記録。自分の価値観を一番強く揺さぶったのは、マガト監督だそうです。
・読書ノート・・・読者していて印象に残った思った文、好きなフレーズを記録。自分が何を感じ、何を考えたかも一緒に書いている。
「(監督ノートとトレーニングノートは)たぶん何十年後かに読み返すノートですね」
――なぜそこまでやる?
「臆病なんじゃないですか。そういうディテールにこだわってやっておこないと自分が納得しない。強くない人間なので、コツコツやらないと」
ちなみにこのノートの存在は、今年発売した著書「心を整える。」にも触れています。
休日は、近所のカフェにいき朝食。
最近始めたという日ごろの行動表をチェックス。朝食をiphoneで撮り、栄養士に写真を送りって管理してもらっているそうです。そこまでの徹底した自己管理を行う理由について。
「普段の生活とかそういうものが自分の芯になるところ。自分が変わればサッカーも変わっていくと思ってやっている」
後半は、日本代表のチームメート(川島選手、内田選手、吉田選手)との食事会。そこで明かされる長谷部誠のこと。
川島「彼女いたら毎日連絡する?」
長谷部「する。メールも電話も毎日する。しないほうがおかしいだろ?」
一同「・・・シーン」
川島「日本代表のキャプテンは落ち着いている人、というイメージがある」
吉田「でも長谷部さんは、後輩からもいじられている。おれはいじってないですよ」
内田「優しさのなかに厳しさがある」
そして最後に、長谷部誠自らがキャプテン像を語っていました。

「日本代表のキャプテンと言うと、しっかりしていて、完璧な人というイメージがあった。自分はそれはなれないなって。それにチームメートはみんな自立した選手ばかりなので、自分は特に何もしなくてもいいな、と思ってた。
それよりも、一歩引いてチームを客観的に見て、チームが緩んでいるなって思ったときは少し声をかけたり、他の選手と話してみるっていう、チームを調整する、調律する役割が自分にあっている。
グイグイ引っ張っていくタイプではないので。今までの日本代表のキャプテンはみんなすばらしいけど、自分は自分らしくやっていけばいいのかな」

 ほー、なるほど。
そういうタイプのキャプテンなのね。周りを強烈に引っ張るというよりも、全体を見てその潤滑油になる。こういうタイプなのね。もしかしたら、なかなか表立って評価されにくいのかもしれませんが、その重要性をわかっている人にはとことん重宝されるタイプですよね。なるほどね。
こんな感じで「長谷部誠を構成しているもの」がよくわかる内容でした。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
放送後、思わず本棚にあった「心を整える。」を引っ張り出して、また読み始めてしまいましたよ・笑。いわずと知れた今年のベストセラーですが、Jリーガーでも詠んでいる人は多いと思います。フロンターレの選手に聞いても、読んでいた選手は本当に多かったです。オススメです。
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣/長谷部誠

¥1,365
Amazon.co.jp
長谷部 誠 [2012年 カレンダー]/著者不明

¥1,890
Amazon.co.jp
来年の長谷部選手のカレンダー。これから売れるんでしょうな。
日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]/出演者不明

¥3,990
Amazon.co.jp
今年1月にカタールで行われたアジアカップ。チームがつまずいた序盤、長谷部主将がチームを引き締めたことが、その後の躍進、そして優勝にもつながったと言われていますね。
そして長谷部選手が「心を整える。」の中でオススメしていた本。
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)/本田 宗一郎

¥680
Amazon.co.jp
道をひらく/松下 幸之助

¥914
Amazon.co.jp
悩む力 (集英社新書 444C)/姜 尚中

¥714
Amazon.co.jp
人間失格 (集英社文庫)/太宰 治

¥270
Amazon.co.jp
アインシュタインは語る/著者不明

¥3,675
Amazon.co.jp... 記事を読む