情熱大陸に林真理子さん。そして「野心のすすめ」。

 情熱大陸に林真理子さんが出てました。
最近の情熱大陸、作家の登場率が異常に高いですね。「原稿料と印税で食べている作家は、今の日本では50人ぐらいしかいない」と本人。長年売れ続けている人気作家の仕事ぶりと生活ぶりに密着してました。パワフルで面白い人でした。
 少し前に読んだ「野心のすすめ」(講談社現代新書)。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 僕が買ったときは帯に「20万部突破」と印刷されてましたが、すでに40万部突破しているんですね。
 この帯に印刷されている「“高望み”で人生は変わる」のフレーズ・・・なかなか刺激的です。本書では、コピーライターとして世に出てきた彼女が「いかに成り上がってきたのか」を赤裸々に語ってます。そして何かとスマートにしたがる時代だからこそ、あえてガツガツすること、野心を持つことの大事さを説いています。
 いいですねぇ。それだけギラギラしたら、そりゃあ、まわりに敵もたくさんできるだろうけど、もし何かを成し遂げたかったら、このぐらいのパワーも大事だよな、と。
 野心のない同業者の若者に危機感を抱いているのも印象的でした。

若い作家のエッセイを読むと、昼頃に起きてシャワーを浴びて、自分で美味しいパスタを作って、そのあとちょっと仕事をして、ビデオを観て寝る、みたいな一日だったりするんですよね。欲がまったく感じられない。野心オーガニックな生活とでもいいましょうか。
 昔はもっと生意気で鼻につくような若い作家がいて、やり込められたり、むっとしたりすることも多かったのですが、いまはみんな、こちらが感心するほど礼儀正しく、おとなくして「あ、いい子だね」という印象だけで終わってしまうんです。

 これは作家だけではなく、この風潮は若者全般にも及んでおり、お金がなくても、飢え死にはしない日本の現代社会、具体的には(極論だと思いますが)「一生、松屋とユニクロでオッケーじゃん」という状態が若者から野心を奪っているのではないかと危惧。
 そして泥臭く頑張ることの重要性も説いています。
人生にはここが頑張り時だという時があります。そんな時、私は「あっ、いま自分は神様に試されているな」と思う。たとえば、仕事や勉強を必死でやらなくてはいけないときなのに、つい気が緩み、ソファに寝そべってお菓子を食べながらテレビを観ているとします。しばらくするとハッとして「いかんいかん。この姿も神様に見られているんだから、頑張らなきゃ」と再び机に向かうんです。
 ちゃんと努力し続けていたか。いいかんげんにやっていたか。それを神様はちゃんと見ていて、「よし。合格」となったら、その人間を不思議な力で後押ししてくれる。

好き嫌いが分かれるタイプかもしれません。でも今の時代だからこそ、響く言葉も数多くちりばめられています。そんな本です。
野心のすすめ (講談社現代新書)/講談社

¥777
Amazon.co.jp
美女入門金言集 マリコの教え117/マガジンハウス

¥1,155
Amazon.co.jp
ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))/角川書店

¥460
Amazon.co.jp... 記事を読む

情熱大陸・ヤマザキマリ。

今回の情熱大陸は漫画家・ヤマザキマリさんでした。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
ヤマザキマリさん、こんなに熱い人だとは思わなかったなー。ひさびさに”情熱大陸”って感じがした内容でした。
「テルマエ・ロマエ」は古代ローマの設計技師が、なぜか現代日本の銭湯にタイムスリップするというストーリーの漫画です。春にはアニメ化&映画化された人気漫画です。
 昨年末には川崎フロンターレが、テルマエ・フロマエとしてコラボしました・笑。そのつながりで、僕も全巻献本いただいて読みました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 ヤマザキマリさん、人生が波乱万丈ですね。
17歳の時に油絵の勉強をするためにイタリアに渡って、生活費を稼ぐために漫画を描き始めて。。。35歳の時にイタリア人の夫と結婚して。。。と、そして人生で見てきたものを漫画に詰め込んでいる感じ。
なぜか洗濯機のない部屋のため、コインランドリーに向かうときのくだりや、シカゴ大学を歩く夫に対するツッコミ、北海道の実家を散歩しているときに見た小学生の自転車集団を見て「三番目の子、座高が低すぎる!」と言い放つ場面とか、きっと彼女らしい一面が何度も垣間見れました。
 そして子供に向けて伝えたいセリフが「地球で生きるってめっちゃエキサイティング!生まれてくるとワキワキモリモリすることが山のようにあるのよ!」
 人生、めっちゃ楽しんでますやん。いいですね、これぞ情熱大陸でした。
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)/エンターブレイン

¥714
Amazon.co.jp
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)/エンターブレイン

¥714
Amazon.co.jp
テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)/エンターブレイン

¥714
Amazon.co.jp
テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)/エンターブレイン

¥714
Amazon.co.jp
テルマエ・ロマエ V 特装版 (ビームコミックス)/エンターブレイン

¥1,260
Amazon.co.jp
アニメ テルマエ・ロマエ Ⅰ【DVD】/FROGMAN,東地宏樹,大塚明夫

¥3,990
Amazon.co.jp
アニメ テルマエ・ロマエ Ⅱ【DVD】/FROGMAN,東地宏樹,大塚明夫

¥3,990
Amazon.co.jp... 記事を読む

情熱大陸・安藤美冬。

昨日の情熱大陸。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 フリーランスの安藤美冬さん。
ノマドワーカーとして注目されている女性です。
 ノマドワーカーとはなんぞや、って話になりますが、ノマドとは「遊牧民」。一般的にいえば、「オフィスをもたずにいろんなところで仕事をする」、「インターネットを活用し、モバイルを駆使した働き方」をしている人といったところでしょうか。
 近年はモバイル機器の発達と、ネット環境が整備されてきたこともあって、喫茶店やカフェで仕事を完結させることもできるようになってきたわけです。マックのようにPCの電源を提供している席を用意しているお店も増えてきています。
 大まかにいえば、自分もノマドワーカーですね。
立場はフリーランスですし、普段の取材を終えてからの原稿は、いつもカフェや喫茶店で書くのがワークスタイルですから。お気に入りの喫茶店はいくつか確保してますし、「タイトな原稿のときはこの喫茶店で、ライトな内容のときはこのカフェで・・・・」みたいな位置づけもありますね。なんだかんだで、愛用しているのはルノアールですけどね。
 今回の情熱大陸では、安藤さんの働き方に密着していました。
オンエア中、ツイッターのタイムラインではこのスタイルに賛否両論が渦巻いておりましたねー。
 ただそれは、安藤さんがどうこうというよりは、彼女が何の仕事をしているのかというところがイマイチよく伝わらなかった、という番組内容に原因があった気がします。ノマドワークは、それが目的ではなく手段でしかないはずです。彼女がどんな仕事をしていて、そのためになぜノマドなのかを、もうちょっと掘り下げればよかったのに、そのワークスタイルばかりにフォーカスした表面的なドキュメントになってました。そういう意味では、もったいない放送でしたね。
番組の中で彼女は一冊の本を紹介していました。
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)/岡本 太郎

¥490
Amazon.co.jp
 岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」。
前職で悩んでいるとき、この本を読んで危険な道を選ぶことを決断し、一週間後に辞表を出したそうです。
ちなみにノマドに興味ある人はこのあたりを読むのがよいかと思います。どちらも僕は読みました。
ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと/本田直之

¥1,470
Amazon.co.jp
25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~/おち まさと

¥1,155
Amazon.co.jp... 記事を読む

情熱大陸・長友佑都。

昨日の情熱大陸は長友佑都選手でした。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
思えば去年の11月に李忠成選手と長谷部誠選手が登場してましたね。そして1月に長友佑都選手ですから、最近、サッカー日本代表選手の情熱大陸登場率、高いっすわー。ちなみに去年の1月は香川真司選手が登場してました。カタールでアジアカップがありましたから。
 情熱大陸では「ミラノダービー」に照準を合わせて進んでいく番組構成でした。
「日本代表・長友佑都」というよりは「インテル・長友佑都」という切り口で迫っていた印象ですね。ミラノの街を歩いていたらサポーターに写真をせがまれきさくに対応する姿や、普段の暮らしの様子、そして豪華すぎるインテルのクラブ施設や厳しすぎる練習取材規制などなど・・・・そりゃそうだよな、だって、インテルだもん。このへんは見応えがありましたわ。
長友選手の生い立ちなどでは、小さい頃のエピソードや、太鼓係をしていた大学時代の話はありましたが、FC東京時代のことにはほとんど触れなかったですね。そしてミラノダービーでも存在感を出しましたよーという感じで終了でした。
ミラノダービーというテーマだったのだから、08年の東京ダービーでフッキとマッチアップしたときの映像を流して欲しかったかなー。J2では無敵を誇ったフッキを当たり負けせずに押さ込み、ロスタイムには決勝オウンゴールを誘い、試合後にサポーターの前でなぜか勝利のでんぐり返しをしていた長友の姿は、強烈だったわー。特にでんぐり返しが・笑。ちなみにこのときオウンゴールをしたのは、若き日の柴崎晃誠でした・笑。
 30分番組なので、コアなサッカーファンを満足させるようなドキュメントとまではいきませんが、情熱大陸の場合は、普段、サッカーを見ない層にも広くアピールできるのが魅力ですよね。長友選手の人柄がよく出ていた作りだったと思います。
おまけ。
サポティスタさんにこの番組で映った長友佑都の本棚にあった本が紹介されてました。
日本男児/長友佑都

¥1,400
Amazon.co.jp
サッカーとイタリア人 (光文社新書)/小川光生

¥819
Amazon.co.jp
辞書なしで学べるイタリア語の最初歩/ナンニーニ アルダ

¥2,100
Amazon.co.jp
DVDで鍛える! プロトレーナー木場克己の体幹バランスメソッド 1日5分・週3日で美しいカラダ…/木場克己

¥1,680
Amazon.co.jp
体と心を癒す特効 足のツボ療法―家庭でできる“症状別・病気別”足心道健康法/柴田 当子

¥1,365
Amazon.co.jp
突破論。/中村俊輔、他

¥1,470
Amazon.co.jp
イチロー式逆境力/児玉 光雄

¥1,365
Amazon.co.jp
脳が変わる生き方/茂木 健一郎

¥1,155
Amazon.co.jp
イチロー心理/児玉 光雄

¥1,365
Amazon.co.jp
人生を豊かにする英語の名言―「知恵」と「勇気」と「癒し」がいっぱい/森山 進

¥1,365
Amazon.co.jp
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣/長谷部誠

¥1,365
Amazon.co.jp
生き方―人間として一番大切なこと/稲盛 和夫

¥1,785
Amazon.co.jp
今、そこにある苦悩からの脱出/齋藤 孝

¥1,365
Amazon.co.jp
一生折れない自信のつくり方/青木仁志

¥1,365
Amazon.co.jp
道は開ける 新装版/デール カーネギー

¥1,680
Amazon.co.jp
長友佑都の本棚
http://supportista.jp/2012/01/news23002611.html
もちろん、映ってもいい本を並べているのだと思いますが・笑、わりと自己啓発系の本を読んでいるんですね。ナガトモになりたい人は、参考に読んでみてはどうでしょうか。... 記事を読む