松本人志コントNHK第2話感想。


先月から始まった「松本人志のコント MHK」。全5回予定の第2回でした。
今回は「ヒーロー戦隊/ハンドバルーン/シール]」の3本立て。ざっと感想なんぞを。
 まず前回との一番の変化は、コントの効果音に「笑い声」を足していたこと。
昔、トーク番組でゲストの話がつまらないとき、「ドリフのおばちゃん笑いを足しておくから」というボケも言ってたぐらいですからね。たぶん「あえて」やっていると思うのだけど、これをどう捉えればいいのかが、正直、よくわからんかった。
・ヒーロー戦隊
クラシックな服装をした5人がヒーローに変身後、アップになって決めゼリフを言って怪人と戦闘開始・・・かと思いきや、その一言を受けて、延々とアップシーンの切り替えで5人の会話が続いていくコント。セリフを言い合っているうちに催眠ガスでやられて全滅し、本部にいるボス(松本人志)に怒られる流れを繰り返す。リフレインする会話の途中で、なぜかブラック’(笑い飯の西田幸治)がいたり、ブルー(東野幸治)はマイペースにキックばかり連打してたりと、ちょっとした変化にじわじわくる面白さはある。でも5回目ぐらいからは、さすがにちょっと飽きてきた・笑。
・ハンドバルーン
ハンドバルーンという架空競技の日本代表・南雲浩のアジア大会に向けたインタビュー。これが一番面白かったかな。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
最初はありがちなテレビインタビューだったが、ライバルである韓国代表のパク・ミンジョンとの対戦に向けた意気込みあたりから、徐々に話がややこしくなる。「一番大事なのは、1回戦ではなくて2回戦」、「1回戦で負けても敗者復活戦でEブロックの3回戦にいける」、「いや、今年は2回戦で負けてもFブロックにいける・・・だから、勝ちすぎてもいけない。勝ちすぎると、Gブロックに入れられてしまうから」と・・・すごく複雑なトーナメント表の組み合わせを説明しだす南雲。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
(実際の組み合わせ表・・・・ややこし過ぎるでしょ・笑)
「ややこしさがハンドバルーンの魅力だとも思っている」(南雲浩)だそうです。まぁ、サッカーの予選リーグなんかでもありますよね。「グループ2位の場合は、他のグループ2位との得失点差上位3チームまでが決勝トーナメントにいける」とか、少し説明がいるレギュレーション。それを複雑にして笑いに変換していたので、めっちゃウケましたわ。あと南雲が語った「97年のアムステルダムの悪夢」。この悲劇以来、「4年間、女子と試合することになった」ってどんなペナルティーだよ。
・シール
身の回りのモノに、その名前のシールを張らないと発作が止まらない男のコント。最初は「背もたれ」とか「床」とかだったけど、次第に「斜め前のおばはん」、「おばはんの失敗パーマ」、「おっさんのほうれい線」、「壊れかけのRADIO」とかフレーズでボケていく感じ。ただオチがちょっとイマイチだったかな。
次回は1月の放送だそうです。
松ちゃんの笑いをもっと楽しみたい人はこちらのDVDを。
HITOSI MATSUMOTO VISUALBUM “完成” [DVD]/松本人志

¥10,290
Amazon.co.jp
松本人志自選集 「スーパー一人ごっつ」 Vol.1 [DVD]/松本人志

¥4,500
Amazon.co.jp
松本人志自選集 「スーパー一人ごっつ」 Vol.2 [DVD]/松本人志

¥4,500
Amazon.co.jp
松本人志自選集 「スーパー一人ごっつ」 Vol.3 [DVD]/松本人志

¥4,500
Amazon.co.jp
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol. (ぶどう)“安心” [DVD]/松本人志

¥3,129
Amazon.co.jp
松本人志自選集 「スーパー一人ごっつ」 Vol.5(visual collaborator N…/松本人志

¥4,500
Amazon.co.jp
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol. (リンゴ)“約束” [DVD]/松本人志

¥3,129
Amazon.co.jp
松本人志自選集 「スーパー一人ごっつ」 Vol.4(visual collaborator M…/松本人志

¥4,500
Amazon.co.jp
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol. (バナナ)“親切” [DVD]/松本人志

¥3,129
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>