なでしこジャパンが苦戦した理由


 なでしこの日韓戦は、2-1で辛勝。
勝ったことはすばらしいです。ただ勝ち方については男子の北朝鮮戦翌日の試合だったこともあってか、「アジア予選に楽な試合はない。苦戦するのは当たり前。内容よりも結果が大事だから問題ない」という論調が目立った気がします。
 確かにそれも一理あるんですが、この韓国戦に関しては、苦戦の原因についてもうちょっとしっかり検証すべきではないかと個人的には感じています。というのも、この韓国戦は、男子の北朝鮮戦のように引いた相手を崩すところに苦戦の原因があったわけではないからです。
 特に後半に関して言えば、試合の主導権を握られて、押し込まれたところに苦戦の原因があったわけですよ。そこの違和感の原因については、もっとしっかり指摘すべきだと思うんですよね。
 言わずもがなですが、なでしこは世界一になったことで、対戦相手からもっとも研究され尽くされているチームです。そしてこの韓国戦は、日本はベストメンバー(世界一になったアメリカ戦と同じ顔ぶれ)で挑みました。相手の立場からすれば、分析した教材がそのままプレーしているわけです。だから、相手はおそらくスカウティングで見出してきた攻略法で挑んできたのでしょう。
 具体的に指摘すると、相手は熊谷選手のビルドアップの拙さを狙ってチェイシングをしかけて、彼女のミスを誘発させようとしていました(これは、芝に足を取られる不運が重なったとはいえ、失点にもつながりました)。後半になってから相手は、阪口選手と宮間選手は持ち味を完全に消すことに成功しました。あるいは、岩清水選手と近賀選手の右サイドの間を相手にしつこく狙い続けました。
 要は、完全に研究されていたわけで後半の劣勢は相手の狙い通りの展開だったともいえるわけです。それに対して、後半のなでしこは、最後まで有効な打開策を見出せなかった。 最後は岩清水選手の獅子奮迅ぶりでなんとか跳ね返し続けてなんとか勝ちましが、ベンチも含めて、「次の一手」を準備していなかったことは、今後を戦っていくうえでこの試合は危機感を持つべきではないかと思いますね。
そこで「アジア予選に楽な試合はない。苦戦するのは当たり前。内容よりも結果が大事だから問題ない」と北朝鮮戦と同列に語ってすますのではなく、「なんでうまくいかなかったのだろう?」と考えていくサッカーファンが増えてもらえるとうれしいですしね。
 なんにせよ、2連勝していることは文句なしですけどね。
本屋にけば、なでしこ本が続々と敢行されてました。オススメはこのへんですね。
なでしこの教え あきらめない心を作る50の教え/早草 紀子

¥1,365
Amazon.co.jp
長谷部の「心を整える」を意識したような印象ですね。なでしこのメンタルから学ぶ自己啓発的な要素も入っている一冊です。
凛と咲く なでしこジャパン30年目の歓喜と挑戦/日々野 真理

¥1,365
Amazon.co.jp
なでしこを丹念に取材しているレポーター・日々野さんの本。大会後、さまざまな媒体に引っ張りダコだっただけに、相当タイトなスケジュールで書き上げたはず。なでしこメンバーへの愛情たっぷりです。
世界一のあきらめない心: なでしこジャパン栄光への軌跡/江橋 よしのり

¥1,575
Amazon.co.jp
エルゴラのなでしこ担当:江橋さんの本です。宮間あやの「朝起きてその日一番やりたいことがサッカーじゃなかったら引退する」など、江橋さんならではともいえる、引き出したコメントが盛りだくさんです。
ついでに、川澄選手もオススメの噂のお菓子も。
【工場直送】【大人気商品】ひとくち黒糖ドーナツ棒BOX【同梱不可】【お届け日ご指定不可】【フジ…

¥3,150
楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>