サッカー×将棋漫画「ナリキン!」の3巻が出た。


サッカー×将棋の漫画「ナリキン!」の第3巻が4月8日に発売されました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 これまでとはちょっと変えて、表紙がポップな感じになりましたね。
今回はN2リーグで首位を走る「ヴェンフォレスト甲府」戦です。甲府の標榜する”トータルフットボール”に対して、福岡ホーネットは将棋の”相掛かり戦法”で対抗していきます。
将棋に詳しくないと「なんじゃらほい?」かもしれませんが、そこはご安心を。サッカーのフィールドと将棋の盤上を置き換えながら、局面での様々な駆け引きをわかりやすく描いてます。
 あらためて感じるのですが、将棋とサッカーというこの共通点を伝える上で「漫画」という手法は、非常に優れていますよね。もちろん、これを表現するために作者の鈴木先生と監修の野月先生も大変な苦労をしていると思いますが。ピッチと盤面をリンクさせながら状況を伝える術という意味でも、これを文章でやろうとすると、かなり大変ですからね。
 あと今回は、GKナリキンが相手FWとの1対1で見せた精神面の話も見所だと思います。
 トップアスリートの”すごみ”というのは、対峙して初めてわかる感覚だと言われています。机上の論理を越えた「何か」がそこにはあるのでしょう。それに触れたナリキンは、これまでにない恐怖を試合中に抱いてしまいます。
 そこにナリキンはどう立ち向かっていくのか・・・続きは買って読んでください・笑。
 ちなみに甲府の選手は、FWダビデ、MF伊能輝吉、GK萩晃太郎など、まんまの選手がほとんどです。ただし監督だけはJ福監督とは似ても似つかない風貌の信田玄武(しのだげんぶ)監督です。「しのだ」監督で思い出しましたが、そういえばアビスパ福岡を指揮していた篠田監督って山梨出身でしたよね。
そしてもうひとつ大きなトピックが・・・・
なんと、なんと・・・・巻末の四駒(4コマ)漫画に私・いしかわごうが登場しております!!
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
・・・ついに「ナリキン!デビュー」をしてしまいました。
鈴木先生、ありがとうございまーす!!フロンターレのあの選手の話題もちょっとだけ出てます。気になる人は、漫画を買って読んでください・笑。
ナリキン!のサッカーアドバイザー的な肩書きをつける日もそう遠くないかもしれません。いや、知らないですけど。
(本編じゃないけど)いしかわごうも登場しているナリキン!の3巻、どうぞよろしくお願いします。
ナリキン! 3 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 02 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
(野月先生による相掛かり戦法の本です)
最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)/毎日コミュニケーションズ

¥1,575
Amazon.co.jp
(3巻を読んだ人なら、なぜこの本を紹介するかわかるはず)
永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語/講談社

¥1,575
Amazon.co.jp
幸せな挑戦 今日の一歩、明日の「世界」 (角川oneテーマ21)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥820
Amazon.co.jp
心をつなぐボール (スポーツが教えてくれたこと)/あかね書房

¥1,470
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>