ヒロキさんの答え。


 今日も麻生取材に。
昨日とはうって変わって、泣きそうなぐらい寒かったですね。まぁ、もう12月なんだから、この寒さにも納得しなければならないんですが。
 練習後、今日は伊藤宏樹選手に、ジュニーニョのことを聞いてみました。
「ジュニーニョとプレーをするのもこれが最後ですからね」と、さすがにちょっと感慨深げでしたね。
 大学卒業後、2001年にフロンターレに入ったヒロキさんは、03年に移籍してきたジュニーニョよりも古株の選手。それでいて伊藤選手もまだ第一線で戦っているわけから、試合中、相手ゴールに迫っていくジュニーニョの背中を、フロンターレの最終ラインから一番多く見ていたディフェンダーなわけです。
「これだけチームが成長できたのは、ジュニーニョのおかげだと思っている。サッカーの可能性を見させてもらった」と川崎の太陽が加入してからのクラブの成長を、その実感を込めて話してくれました。
 あとおまけとして、個人的に聞いてみたいことがひとつありました。
それは「もしジュニーニョというフォワードと公式戦のガチンコでマッチアップしていたら、どう押さえようとするのか」ということ。ジュニーニョとはずっとチームメートなので、公式戦での対戦がありませんからね。
 長年ジュニーニョのゴールハンターぶりを見てきた伊藤宏樹というひとりのディフェンダーが、相手だったらどう押さえようとするのか。その答えが聞いてみたかったのです。
 意外と、ヒロキさんは即答でした。
 「走り出したら、ついていけないですからね・・・削るしかないと思う(笑)」
・・・あはは。削るしかないって、あなた。でも本音すぎる回答、どうもありがとうございました・笑。(※ちなみに伊藤宏樹選手は、クリーンな守備に定評があるディフェンダーです)
それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>