タイトルを獲り続けているチームの経験値。


どうも、いしかわごうです。

水曜日は等々力取材。京都サンガF.C.戦は3-1で勝利。

IMG_8297

ハイラインとハイプレスを攻略しました。

3-0から1点を返された後、巧みなポゼッションをしながらリスクマネジメントして時計の針を進めました。バタバタすることなく勝ち切りました。

これでフロンターレは2連勝。一方、同時刻でキックオフしていた首位・横浜F・マリノスは最下位・ジュビロ磐田に敗戦し2連敗。

残り4試合で勝ち点差8となり王手をかけられてましたが、残り2試合で勝ち点差2の状況になりました。

よもや、よもやです。

諦めてもおかしくなかった状況からここまで追い上げていることが出来ました。

しかし、残り2試合でマリノスに2連勝されたらこちらがどんなに頑張っても逆転が出来ないという厳しい状況にはなんら変わりありません。

選手たちもそのことをよくわかっているのでしょう。
試合後のミックスゾーンで、浮かれている選手はおらず、皆、頼もしいほど冷静でした。

例えば逆転優勝が見えてきた状況を山村和也にはどう感じているのかと尋ねてみましたが、彼は「目の前の試合を大事に戦っていくことが最後につながると思う」と、どこまでも冷静でした。おそらくチーム全体がそういう雰囲気なのでしょう。

こういう時に、タイトルを獲り続けているチームの経験値がいかに大事なのか。それを感じますね。

逆にここにきて負けなかったホームで連敗しているマリノスは優勝のプレッシャーを感じているのかもしれません。いつもの平常心ではやれていないように感じます。

さて。
試合を見直していて気づいたことが。

それは、3点目のゴールです。脇坂泰斗のクロスから逆サイドのマルシーニョが飛び込んで決めたゴールでした。
 
練習通りだったと脇坂泰斗が胸を張ります。いわゆる、ファー詰めですね。そして「自分に相手のDFの目が集まっているのは感じていたので、それをうまく利用してゴールになって嬉しいです」とも話していました。

この「目線を集めてズラす」という崩し方はサッカーにおいて、とても大事ですね。サイドからの攻撃に対して守る側がボールと相手の両方を見れないからです。

この場面では、右サイドに家長昭博、山根視来、脇坂泰斗でボールを動かしながら相手の意識を集中させて、そことは逆側から味方(マルシーニョ)が飛び込みました。

相手のDFの目が集めていた脇坂を例えるならば、まるで手品師が、「タネも仕掛けもありません」と右手に持ったハンカチをヒラヒラさせながら観客の目を集めている間に、左手でタネを仕込んでいたようなものと構造は同じです・笑。それを左のマルシーニョがズドン。

試合を決める3点目になりました。

ちなみにプレビューでも書いたのですが、アウェイの京都戦では、脇坂泰斗がマルシーニョに絶妙なロングスルーパスを通して絶好のお膳立てをしたのですが、飛び込んだマルシーニョが決めきれませんでした。鬼木監督が思わず頭を抱えて崩れ落ちた場面です。

でも今回はしっかりと決めました。あのリベンジを達成したようなホットラインを同じ相手に見ることができてスッキリしましたね。

というわけで、試合のレビューはnoteでたっぷりと書きました。

■「最後まで出たのできつかったですが、自分としては嬉しい疲れです」(小林悠)。精力的にかけ続けた前線からのプレッシング。4試合連続得点ならずも、小林悠が充実感を口にした理由。そして試合前日に起きていたスタメン組の変更とは?

■「理想通りというか。狙ったコースもイメージした通りでした」(谷口彰悟)、「何とか食らい付いて決めれてよかったです」(橘田健人)。CKから2得点。何かが変わり始めた橘田健人。あのボールに必死に反応しなくてはいけなかった理由とは?

■「ああやってゴールにつながると、また自信になります。それを作り出しているのはコーチングスタッフのスカウティング」(脇坂泰斗)。大きな武器となっているセットプレー。キッカー・脇坂泰斗が口にした、チームの準備と、味方の実行力への感謝。

■サッカー選手は、お役所仕事をしているわけではない。試合後のチョウ・キジェ監督の指摘に考えさせたこと。

■試合の流れを変えたセービング。あの1本を止めるために、丹野研太は麻生で研鑽を積み続けてきた。

■「試合の終わらせ方としても良かったと思います」(山村和也)、「そういう戦い方も上手くできていければいいのかなと思います」(橘田健人)。時計の針を進めるためのポゼッションと、そのためのメンバーの配置。現状の解決策があるとすれば、この形なのかもしれない。

以上、全部で約10000文字です。読み応えたっぷりなので、ぜひ読んでみてください。

「全部だきしめて」 (リーグ第25節・京都サンガF.C.戦:3-1)

ここから2週間半ほど空きますが、あと2試合・・・・どんなドラマが待っているのやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>