本日は多摩川クラシコ。そして王者の強気がもたらすもの。


どうも、いしかわごうです。

本日はJ1開催。味の素スタジアムでのFC東京戦です。

長谷川健太監督率いるFC東京には、リーグ戦は連勝してますが、去年ルヴァンカップで敗戦してます。

勝負師である長谷川健太監督ですから、この試合でもどんな対策を準備しているのか。警戒が必要ですね。

ただ今季の鬼木監督は、相手のフロンターレ対策を真正面から受け止めて、それを上回っていく姿勢を打ち出すことで、チームをより強くしています。

例えば、中断明けからの大分トリニータ戦とサガン鳥栖戦の2試合。相手は自分たちのサッカーを確立しているスタイルながら、それをあえて少し変えて等々力に乗り込んできました。

大分は普段の3バックではなく4バックに、鳥栖は左肩上がりのビルドアップではなく、左右を入れ替えた右肩上がりに。

少しアレンジすることで、フロンターレの狙いを外してきたんですね。ただそうした中でも、相手のやり方、狙いを分かった上で自分たちらしい戦い方に持っていくこと。そこが、今季の鬼木フロンターレのスタンスです。

その結果、相手を上回りました。

この2試合がそうですけど、王者が強気の姿勢でいると、相手が自分たちの形を変えてくるんですね。

そして、こちらが、そこに動じないでやり続けると、気づけば圧倒しています。相手の狙いで、多少の劣勢を招いても慌てず、しっかりと立て直す。そういう戦い方もできているのは、頼もしい限りです。

では、その時に大事なのは何か。それはチームとして強気であり続けること。鬼木監督が言います。

「自分たちが理解した中で、そこをどう強気でやれるか。そこは自分たちの戦い方でもある。他のチームもそうですが、どこが空いているか。当然、自分たちは自分たちの分析をする。どこがあいて、どこが狙いやすいか。でも、どうすれば、そこは狙われないのかを考えてやっている。そこらへんは理解した上で、チームとしては共通している中でやっていると思います」

 漫画スラムダンクで印象的なシーンがあります。
海南大付属対陵南戦で、仙道彰をポイントガードで起用した陵南の奇策に対して、王者・海南の高頭監督が言います。

「奇策と言われるあらゆる作戦・・・そのほとんどは、相手のことを考えすぎて、本来の自分たちを見失ったにすぎない」

 もし長谷川監督が奇策を用意したとしても、強気でやり続けること。それによって勝利は近づくはずです。

プレビューのラインナップはこちらです。

■「(麻生)グラウンドに一番早く来ているのがタンちゃん。試合に出ていない時も、ずっと自分がやるべきことを怠らずに準備していた」(小林悠)。選手が口にするGK丹野研太への信頼感。目指すはリーグ4試合連続完封勝ち。中三日で挑む多摩川クラシコの気になる予想スタメンは?

■「自分たちが理解した中で、そこをどう強気でやれるか。そこは自分たちの戦い方でもある」(鬼木監督)。相手の良さを「消す」のではなく「出させない」。今季の鬼木フロンターレが挑戦している志、わかっていますか?

■「ディエゴ選手もそうで、簡単に守れるとは思ってはいない」(ジェジエウ)。味の素スタジアムで公式戦5試合連続得点中のディエゴ・オリヴェイラを沈黙させられるか。鍵を握るのは、中央守備のトライアングルにあり。

■「選手からすれば、受け入れがたいところもあると思います。特にFWに関しては。そこはチームのためにという思いで全員が戦ってくれています」(鬼木監督)。激しい局面攻防が予想される右サイドエリア。そしてエース級のストライカーを共存させている鬼木流マネジメントの秘密を聞いてみた。

以上、4つのポイントで全部で約10000文字です。

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第9節・FC東京戦)

冒頭部分、かなりボリュームあります。そこだけでも読んでやってください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>