ケンゴ選手だから、大丈夫。


 中村憲剛選手のケガは残念ですね。
右足親指付け根骨折で代表離脱。一日も早い復帰を祈りましょう。
 思えば、去年の南アフリカワールドカップ。カメルーン戦で本田選手がゴールを決めた後、彼はベンチに行って喜びを爆発させました。あのとき、ゴールを決めたらベンチに来て喜ぼうとみんなに提案していたのは、ケンゴ選手でした。
 クラブチームでの日常ならまだしも、ワールドカップなんて選手であれば、誰もがピッチに出たいと思う大会。ケンゴ選手にとっては初めての舞台です。そういう行動までなかなか気が回らないと思うのですが・・と、そんな疑問をあるとき本人に聞いてみたことがあります。
 でもケンゴ選手は「自分はもともと日が当たる場所ばかり歩いてきたエリートではないですからね。ベンチなんて普通にあった。だから、ベンチになったからといって、そこで腐ろうという風にはならないんですよ」みたいなことをサラっと答えてくれました。チームの一体感を大事にしているし、試合に出ないときでもこういう部分に目を配れるベテランです。本人はベテラン扱いされるのを嫌がりますが(笑)。
 フロンターレでも言わずもがなです。
チームは連敗中ですが、そんなときでもひとつでもチームがいい方向に向くように奮闘していました。
例えば、万博でのガンバ大阪戦、前半の2点のビハインドから同点に追いつくゴールを決めたのはケンゴ選手でした。そしてそのままベンチに走っていくと、サブメンバーも総立ちですごい勢いで祝福の輪が出来ていたんです。
 後半に退場者が出てしまったせいで、結果的には負けてしまいましたが、あの光景についてケンゴ選手に聞いてみると、「試合前日の夜、実はベンチメンバーとも一緒に喜ぼうと話していたんですよ。もちろん、今までもひとりひとりが頑張っていたけど、あのガンバ戦は、ベンチメンバーとのつながりも今まで以上に出ていたと思う」と明かしてくれました。
 試合に勝っていれば、原稿で使えたエピソードなのですけどね・・・・。
 北朝鮮戦までは本人の希望もあってチームに帯同するそうです。きっと代表チームの選手たちを影からサポートしてくれると思います(しかもチョン・テセ選手の弱点もたくさん知っていますしね・笑)。
 中村憲剛選手がどういう風に育ってきたか、彼がどういうメンタルの持ち主なのかは、中村憲剛物語に詳しいですね。
「オレは才能がある選手じゃないからね。目の前のやれることをこつこつと頑張るだけでしょ。それ以外、やることないし。あとはなるようになるだけでしょ」
物事がうまくいかなかったとき、その原因を自分のなかに求める。そしてやれることを探してとにかく一生懸命こなす。結果は自然とついてくる―――そういう考え方。

永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語/森沢 明夫

¥1,575
Amazon.co.jp
中村憲剛のスルーパスの極意 (トップアスリートKAMIWAZAプレミアム)/中村 憲剛

¥1,575
Amazon.co.jp
Kengo 14 2003-2010 [DVD]/中村憲剛

¥4,500
Amazon.co.jp
一部報道には今季復帰も難しいと出ていましたが、いやいやケンゴ選手だから、大丈夫です(医学的根拠なし)。一日も早い復帰を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>