塀内夏子先生にインタビュー。


 今シーズン最大の決戦「闘Aまんがまつり」が近づいてきています。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 決戦といえば、やっぱり修行するじゃないですか。
なので、昨日の深夜は「精神と時の部屋」(通称:漫画喫茶)にこもって、川崎に中原区が舞台の人バスケ漫画「あひるの空」を一気読みする修行を行いました。ただ37巻までの道はさすがに遠かった。20巻までで疲れてしまいましたが、初めて読んだ「あひるの空」、面白かったです。おかげで部屋を出たときは、パワーアップしていたと思います。知りませんけど。
 主人公の高校がわりと負けるんですよね。
武蔵小杉駅も良く出て来るだけあって、作品中にはフロンターレの話題も出てきたりするんですよ。
「たぶん競技場。サッカーやってるんだと思う」
「変だな、フロンターレの試合なら 昨日親父達が見に行ってたハズだが・・・」
・・・みたいな感じで。ちょっとうれしいですね。
 ちなみに今日の練習後、そのことを憲剛選手に伝えたら、「マジで?そうなの?」と驚いてました。
 そして「おれ、フロンターレ関連であれば、全然出るんだけど」と「あひるの空」からオファーがあれば出演する構えはできているようです・笑。さすがです。
そして夜は、某所で「オフサイド」、「Jドリーム」の作者である塀内夏子先生にインタビュー。ほとんどダメ元でお願いしたのですが、広報さんや天野部長の粋な計らいで実現することができました。本当に感謝です。フロンターレと塀内先生との結びつきのきっかけはもちろん、赤星鷹のフロンターレ移籍の真相(?)、当時の裏話なんかもたくさん聞かせていただきました。貴重なお話の数々、Jドリ世代として感無量でした。うまく原稿にしないとね。
ちなみに塀内先生のインタビューということで、フロンターレの選手にこの漫画の思い出について聞いてみたところ、意外にも矢島選手がなかなか熱心な読者でしたね。赤星鷹が飯を食べないことで感覚を研ぎすまして試合に臨んだことや、芝生で育った控えGK(上条選手)の話なんかのエピソードを語ってましたね。懐かしい。
あひるの空 1~最新巻(講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS ) […/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp
Jドリーム-完全燃焼編 全8巻完結 (少年マガジンコミックス) [マーケットプレイス コミック…/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
Jドリーム-飛翔編 全10巻完結(講談社コミックス―Shonen magazine comic…/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
Jドリーム 全14巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>