千原ジュニアの40歳ライブ。圧倒されっぱなしの4時間。


 日曜日の話ですけど、こんなライブに行ってきました。

 千原ジュニアの40歳誕生日イベントが両国国技館で行われたのです。
「千原ジュニア×□」と題してある通り、様々なゲストとのコラボが予告されていたこのライブ。
 序盤、出川哲朗が登場してきて熱湯風呂を観れただけで「元は取ったな」満足してました。そしたら、まさか松本人志や明石家さんまが出て来るとは・・・なんか「うぁぁぁぁーーー」ってなったわ・笑。松ちゃんとさんまさんは、「一生に一度はこの目で観てみたい!」と思っていた芸人。松本人志のすべらない話、お笑い怪獣・明石家さんまのフリートークを生で堪能できて大満足でした。
 日付が変わっても興奮がしばらく覚めないぐらい、すごいライブでした。オープニングではダンサーであるケント・モリとのダンスから始まり、宮藤官九郎書き下ろしの両国国技館コント、春風亭小朝プロデュースによる落語「人面瘡(じんめんそう)」、プリンセス天功とのイリュージョンスティーブ・ジョブズに扮したレイザーラモンRGによる「千原ジュニアあるある」、そしてラストは千原兄弟による新作コント・・・もう笑い疲れました。
 あと千原ジュニアの落語はグイグイ引きこまれます。
以前、「死神」という落語を披露したことがあって、それはチハラチークの#4に収録されています。聴かせますよ、これは。
チハラトーク#4 [DVD]/よしもとアール・アンド・シー

¥3,150
Amazon.co.jp

 このライブが面白いのは、チケットの売り方。
実は5年前から売り出しているんですよ。「5年後の40歳の誕生日にイベントやります!」とだけ発表されていて、その売れ行きに応じて会場を予約するという仕掛けだったんです。
 2009年3月31日から限定1000枚の「35歳券」、翌年は限定1500枚の「36歳券」と毎年各年齢券が販売されてきた。5年前に買えば2000円だったかな?そこから一年ごとに毎年価格が高くなって仕組みだったわけですけど、5年後のイベントのチケットはなかなか手が出ないですよね。サッカーで言えば、今年のワールドカップどころか、次のワールドカップよりも先の話ですからね。自分のスケジュールがなかなか確定していなかったのと、それなりに高額なチケットだったので(6500円)、ギリギリまで悩んでいたんですけど、行ってよかったです。
 詳しいライブレポートはネット上に記事が掲載されているので、それを読んでください・笑。
2014 千原ジュニア40歳LIVE『千原ジュニア×□』 in 両国国技館
このイベントはDVD販売はしないそうですが、4月19日のWOWOWで放送されるみたいですよ。とにかく、プロフェッショナルたちが作る笑いに猛烈に感動させられました。やはり他ジャンルのものを生で観て刺激を受けるのは大事ですね。
 そして翌日はいいとも!のグランドフィナーレで、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインが共演ですからね・・・もう、自分の中のお笑いの概念を揺さぶる事件ばかりで圧倒されましたわ。
そして火曜日は、等々力でフロンターレが見せたパスワークとゴール前の崩しに圧倒されました・・・今週は圧倒されっぱなしウィークでしたわ。
------
「ボクらの時代」でロックミュージシャン・斉藤和義と、落語家・立川談春と、お笑い芸人・千原ジュニアの3人の組み合わせで語り合った回。なかなか面白いです。
ボクらの時代 芸とロック  ~悩みながら前に進む/扶桑社

¥1,028
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>