貴州人和戦〜金久保順選手の先発起用がズバリ。


 勝ちましたね。ACLの貴州人和戦。
テレビ観戦ですが、あのアウェイで勝ち切るという作業は、傍目以上にタフだったと思います。きっと、こういう経験もチームをよりたくましくしてくれると思います。
この試合、風間監督がピッチに送り込んだメンバーは、柏戦後半の継続でした。基本布陣は[4-2-3-1]で、中盤は憲剛選手をトップ下、金久保選手が左MF、森谷選手が右MF、山本選手と稲本選手のダブルボランチという組み合わせです。選手同士もイメージでやれていた感触を持っていただろうし、妥当なメンバーだったと思います。
 とはいえ、そこはアウェイの中国。
ボールを握って相手を圧倒して勝つという内容を求めるのはあまりに酷な条件だったのはテレビを通じてもよく伝わりました。ピッチはボコボコでバウンドが大きく、思うようにボールがつなげず攻撃のリズムが出しにくそうでした。
 守備では、川崎の最終ラインはいつもよりも深めに設定していました。前半の貴州はロングボール主体で組み立てて裏を狙っていましたし、アウェイなので、先に失点するのは避けたいという狙いがあったのだと思います。辛抱強く跳ね返していたと思います。ただ後ろが深く構えていたので、チーム全体が間延びしてボールを持ったときに、味方同士の距離感が出てしまい、なかなか良い攻撃につなげにくそうでした。
 金久保選手が良いアクセントになっていたと思います。
左サイドを縦に勝負するレナトとは違い、持ち場にこだわることない流動的なプレーでゴール前に顔を出していました。特にトップ下の憲剛選手がボールを受けに中盤に下りたとき、そこで生まれる中央のスペースを、サイドから走り込んで活用しようとする意識が高く、これがなかなか良い流れをもたらしていました。
 そして生まれた38分の憲剛選手の先制点。
右サイドに流れた憲剛選手が背中トラップ&ヒールパス、その起点を受けて森谷選手のパスに、ゴール前で反応したのは金久保選手。再三見せていた、左サイドから中央に走り込む動きでポストプレー。その落としを受けた憲剛選手が一閃してネットを揺らしました。金久保起用、ズバリです。素晴らしい得点で、これが決勝点になりました。
 後半になると、勝たなくてはいけない貴州側のラフなファウルやアフターでのファウルが多くなり、試合自体が荒れてきました。こうなると「奇麗に勝ち切る」とも言ってられません。「泥臭く守り切る」でOKです。主審はカードを提示してましたし、荒れ過ぎないようにコントロールしていたと思います。
 後半の貴州は、右MFのウ・カイにボールを回して、何度もこちらの左サイドを攻め立ててきましたが、谷口選手は粘り強く対応していたと思います。もちろん、何度か裏を取られましたが、井川選手のカバーリングもあり大きな破綻はなかったと思ってます。試合後、そのウ・カイがなぜかMOMに選ばれてましたが・笑。
 そして金久保選手ですよね。柏戦とこの試合のパフォーマンスから、おそらく風間監督の中で、「主力組で計算できる選手」に入ってきたのではないでしょうか。金久保選手の先発起用もそうですが、後半の選手交代も実に的確で、風間監督の采配も冴えていたと思います。
チームは今日の夜に成田に到着し、明日から土曜日の浦和レッズ戦に向けて準備です。ACLの日程、本当にタイトです。
------
先日担当したWOWOWのリーガール・岩﨑名美さんのインタビューです。この子、まだ高校3年生なんすよ。コパ・デル・レイを予想してもらいました。
 WOWOW“リーガール”岩﨑名美さんがコパ・デル・レイ決勝を大予想!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>