残り5試合。大久保嘉人選手が心がけていること。


 大久保嘉人選手の話題でも。
 実は大久保選手、今季は出場停止がありません。
現在の警告数は3枚。累積4枚で出場停止ですから、いわゆる「リーチ」のかかっている状態ではあるのですが、その状態がずっと続いています。もしかしたら10試合ぐらいは続いているかもしれません。以前、「今までならシーズン終盤には2周(2回目の出場停止)していた」と言ってましたから、驚くべき少なさです。
 現在リーグ得点王。本人にもより多くゴールを決めるため、1試合でも出場停止になるわけにはいかないという思いがあるようです。実際、リーチになってからの大久保選手は「絶対にカードをもらわない。そして点を取る」と公言してますし、多少理不尽とも言える判定が下されても、かつてのように主審に食って掛かるような姿は見せなくなっています。
 例えばアウェイ・セレッソ戦でのロスタイム、いったん認めかけられたように見えた決勝弾が、直後にオフサイドとして取り消された判定になりました。それでも執拗には抗議しませんでした。「カードをもらいたくなかったから、あまり抗議しなかった」と話していたほどです。
 ただ前節磐田戦のロスタイムでの決勝ゴール後は焦りましたね。
というのもあの場面、セットプレーでゴール前がごちゃごちゃしていたので、記者席からは正直、誰が決めたのかわからなかったんですよ。でもどうやら決めたのは大久保選手っぽい雰囲気です。そしてGゾーンで選手がもみくちゃになりながら歓喜の輪を作っていた後、再開のキックオフに戻っていく選手の輪に向けて、主審がイエローカードを出す準備をしていたんです。
・ ・・・!!!!!
それを見た僕は、記者席で思わず「マジかー」と言ってしまいました。決めたのが大久保選手なら、カードが出されるのもおそらく彼に向けてでしょう。「まさか4枚目が、異議ではなくて喜びすぎて警告をもらうパターンとは・・・」と頭を抱えましたが、カードが出されたのは大久保選手ではなく、ジェシでした。
どうやら決めた大久保選手ではなく、ジェシが喜びすぎたあまり柵超えをしてしまった模様でした・笑。大久保選手ではなくてホッとした次第です(これでジェシも3枚目なので、それはそれで複雑ですが)。
 今週の練習後、大久保選手に「磐田戦でゴール決めた後、喜びすぎてカード出たかと思いましたよ。実際に出たのはジェシだったけど・・」と伝えたら、「えっ?ジェシ、もらったの?」と味方がもらっていたことを知らなかった模様でした。
 ジェシが柵を超えて喜んでしまい警告が出たことを話すと、「あそこのほうまで行くのは、俺は最近止めているんよ。どこまで行っていいのかわからないので」と笑っていました。
 どうやら、警告をもらわないように、ゴールを決めてから喜びに走っていく場所も意識している模様です。もちろん、ガイドラインはあるんでしょうけど、エリアのどこまでいって喜ぶのはOKで、ここまでは警告かどうかって言うのは、そのときの主審の裁量にもよる部分があるんでしょうね。
だからサポーターのみなさんは、ゴールを決めた大久保選手があまり応援エリアの近くまで来て喜んでくれなかったとしても、我慢してください・笑。
全てはフロンターレの勝利と自身の得点王のため。
明日はアウェイでの鹿島戦です。
残り5試合、大久保選手は警告をもらわずに乗り切れるか。注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>