39分の再開試合。


 昨日は、ノジマフットボールパークでノジマステラ神奈川対スフィーダ世田谷の「39分の再開試合」を取材。
 朝はフロンターレの練習取材で麻生に。
09年に鹿島との「16分の再開試合」を経験している憲剛選手にそのときの話もちょっと聞かせてもらったりもしました。「最初のセットプレーで、テセがマークを外されてさ・・」と当時の懐かしい話も少々。
 夕方まで新百合ケ丘駅周辺のカフェでモロモロの原稿仕事をしてから向かいました。ノジマフットボールパークの最寄り駅は、相模線の相武台下駅。無人改札口を降りると、コンビニもファーストフードショップなどの商店街が皆無で、しかも周辺は真っ暗。「・・・え?」と、久々に焦りました。駅に周辺案内すらなかったのですが、ノジマフットボールパークが建っているとおぼしき方向の遥か彼方に、なんかナイター設備のあるスポーツ施設っぽい明かりが見えたので、それを頼りに歩いて向かいました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
こんな感じです。
田んぼを横目に通って歩いたわけですが、街灯もなくて真っ暗だから、すげぇ心細かったです。そして歩くこと、15分ぐらい。たどり着いたノジマフットボールパークはとてもしっかりとした設備でした。選手はみなここで練習しているんですね。いい環境です。
 前日に突然発表された平日のナイターゲーム。
普段、選手は仕事をしていますから、都合をつけるのに大変だったみたいです。再開試合ですから、中断する前と同じメンバーでスタートしなくてはなりません。しかし臼井選手が仕事で間に合わず、代わりに岡田選手が出場することになりました。彼女達はプロではなく、みな平日は仕事をしながらサッカーを続けている事実をあらためて感じました。
 選手だけはなく、サポーターも同様です。入れ替え戦出場が決まる重要な一戦。「39分の試合」を見る為に駆けつけていました。
試合の方は東京偉蹴のコラムで詳しく触れたいと思います。
ただのっけから、攻める方はロングボールによるパワープレーで、守る方は全速力でのハイプレスだったので、実に見応えがある応酬でした。こんな全力サッカー、なかなか見れないですからね。後半25分にスフィーダの10番・薄田春果選手のゴールで3-0となり、勝利を決定づけました。これでホっとしました。
 そしてこのまま勝利。リーグ戦1試合を残して、スフィーダのなでしこリーグ9位との入れ替え戦出場が決まりました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 試合後に選手、スタッフが並んでサポーターの前で挨拶する際、川邉監督不在に気づかぬまま麻里菜主将が話し始めてしまい、「おい、待てよー」と言いながら監督が走ってくるなんて一幕も・笑。試合後、監督にその話題を振ったら、「麻里菜はそういうところあるんだよー」と笑ってました。
 スフィーダ世田谷に関わるみなさん、ひとまずおめでとうございます!
 決戦の入れ替え戦は11月です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>