ミルメーク。


 先日の話なんですけど、フロンターレのクラブハウスにいたら、ベトナムに視察に行ってきたやっさん(川崎フロンターレの清水主務)が記者陣にお土産を配ってくれました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 ベトナム珈琲の原液。水に混ぜて飲むみたいです。
何の気なしに僕が「なんかミルメークを思い出すわー」と言ったら、まわりの記者がみんな「・・・・ミルメークって何すか?」と言い出したんですよ。

 いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや。


 本当はもうあと729回ぐらい「いやいや」ってリフレインしたかったですよ。
 ミルメークを知らないってマジですか?
僕からすると、ミルメークを知らないで何を知ってるの?って話でしたよ、逆に。
でもボケではなく、本当にみなさん知らなかったんです。むしろ「なんでミルメークを知ってるの?」って目でこっちが見られましたからね、逆に。
「給食のときに出てきた牛乳に入れるチューブやで。コーヒー牛乳にするんやで。給食で余ったら、じゃんけんで奪い合う人気者やで!」とミルメークについて力説しておきました。
 そうかー。
みんなミルメークを知らないのか・・・
「なんでみんなミルメーク知らねぇんだよ。あったのは北海道だけか、コンチクショー」的にツイッターでつぶやいたら、フォロワーさんから「ウチは○○県だけどありましたよ」と「粉のミルメークでした」などなど、凄い勢いでミルメークのネタがよせられてきました・・・来るわ来るわのミルメーク情報。情報と思い出が液体のように押し寄せてきましたよ・・・ミルメークだけにね!!!
しまいには、僕そっちのけでみなさんん、ツイッターでは給食の思い出で盛り上がってました。俺のこと、おいてけぼりかよ!!
 どうやらミルメークを知ってるかどうかは、地域によるものではなく世代によるものだったみたいですね。僕らの地域はパックの牛乳(雪印乳業です)だったので、ミルメークはチューブでしたが、瓶の牛乳だった地域は粉のミルメークだったりと、いろいろ違いがあったみたいです。
ちなみにこのミルメーク、今はインターネットで注文できるんですね。すごい時代です。
大島食品 学校給食用ミルメーク(液体) コーヒー12.5g×40個

¥658
楽天
40本入りで658円・・・・いい値段するな、おい。
もっと変な給食/ブックマン社

¥1,400
Amazon.co.jp
給食番長 (cub label)/長崎出版

¥1,575
Amazon.co.jp
日本一おいしい給食レシピ (TJMOOK)/宝島社

¥880
Amazon.co.jp
こどもが本当に食べたい給食のレシピ108 (別冊 天然生活)/地球丸

¥1,500
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>