田中裕介選手に学ぶメンタルコントロール。


 ナビスコカップ清水戦は0-0のスコアレスドロー。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 春っぽい服装でいいかなと思ってでかけたのですが、ナイターだとまださすがに寒かったです。
 甲府戦から始まったこの5連戦。4試合を消化して1勝3分です。ひとつも負けてはいないのですが、勝ちにはなかなか持っていけません。なかなか春がこないですね。
・・・とまぁ、ちょっといろいろ考えてしまいがちだからこそ、ここでちょっとメンタルに関する面白い話でも。
 サッカーは90分で行うスポーツですが、選手は90分間ずっと強気だったり弱気だったりするわけではなく、ちょっとしたことで強気になったり弱気になったりするわけです。選手のメンタルにもいろんな顔があるんですよね。
 例えば、この試合での田中裕介選手。
キャプテン・中村憲剛選手と副キャプテン・西部洋平選手が欠場だったので、この試合は彼がキャプテンマークを巻いていました。そして出場するのも3試合ぶり。どんなときもポジティブでチーム随一の「メンタルの強さ」を持っているかもしれない彼ですが、こういった背景もあり、この試合ではやや「気負い」があったそうです。
 すると前半開始3分。
オーバーラップしてきた清水の左サイドバック・イ・キジュ選手に、簡単に背後を取られてしまいます。

「最初は間に合うと思ったけど、相手の方が速かった。クロスをあげられたらマズイけど、身体が入れ替わったときに後ろから倒したら、イエローだった」


 イ・キジュ選手の突破を許し、エリア内に切り込まれてクロスを上げられてしまいます。これは杉山選手が必死にパンチングしますが、そのこぼれ球に中央から清水の竹内選手が走り込んできていました。
 そこで振り抜いた弾道はゴールマウスを捉えていたのですが、右からシュートブロックに飛び込んできたDFに当たってわずかに角度が変わります。「あわやオウンゴールか?」というコースでもありましたが、これはかろうじてゴールマウスをそれていきました。
 ブロックした選手は田中裕介選手でした。
自分のミスでピンチを招き、ゲームの入り方がうまくいかなかったわけですから、選手によってはこのメンタルを引きずってしまってもおかしくないかもしれません。
 しかしこの瞬間に田中裕介選手は「よしよし!俺に当たってシュートが外れた・・・・今日の俺は持ってるわー!」と、めっちゃポジティブに切り替えて、その後のパフォーマンスを安定させたそうです。
・・・・うーん、立ち直り方が凄い!!このポジティブ思考、見習いたい・笑。
明日の神奈川ダービーに向けても、ポジ夫なコメントを話していました。去年は日産で古巣相手に2得点を決めましたからね。活躍が楽しみです。
(羽生さんのメンタルコントロールの本。田坂祐介選手も読んでいました)
結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)/羽生 善治

¥1,260
Amazon.co.jp
今すぐ使えるメンタルトレーニング 選手用/高妻 容一

¥2,100
Amazon.co.jp
メンタルトレーニング実践講座 (PHPビジネス新書)/田中ウルヴェ京

¥840
Amazon.co.jp
本番で実力が出せない人のための 「いつもの自分」トレーニング―簡単!直前!“勝負弱さ”を克服す…/森川 陽太郎

¥1,470
Amazon.co.jp
速効!1日1分で身につく!自分の能力を引き出すメンタル強化術/桑原正守

¥価格不明
Amazon.co.jp
№.1メンタルトレーニング ―本番で最高の力を発揮する最強の自分をつくる/西田 文郎

¥1,890
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>